宮崎貴士

 漢検1級ブログ ボクちゃん日記PART2(漢検一級編)

た行の75

8月〇日 
 【辞典981】 大盤振舞(おおばんぶるまい) サア皆の衆のめ
やうたえや、払いはワシにまかせとけい!
 なんていう人がいたらいいんだけどね。本来は「椀飯」。

 この数箇月『拓郎ライブ73』を運転するたびに聴いていたので
今ではもうすっかり覚えてしまった。ごく自然に歌詞が出るように
なったのだ。そのあとCDに合わせてギターの練習も重ねたので
こちらもOKだ。何事も繰り返しが肝心なのだ。あとは、キーだ。2
カポほど落とすと何とかなるか、というものがあるのだ。あ~つま
り、『むなしさだけがあった』のオリジナル・キーが「E」だとすると
これを、「D」に下げるのである。E-A-E-A-B7-A-Eが、D-G-D-
G-A7-G-Dに、サビんとこが、G♯m-C♯mの繰りかえしだから、
F♯m-Bmに、最期の「何も思わず」のところがAmからGmにな
るというわけだ。

   これでおれでも歌える。

 ただ、違和感は残る。「D」では明るすぎてしまうんだナ。この歌
詞にちいとそぐわないんだ。

   どこに行っても同じなら
   もうこれ以上傷つくのはいやだよ
   荒れ果てた街の角
   何も思わず立っていようか      (田口 淑子/詞)

 ほかの人たちはどうやってるんだろう。宮崎楽器の宮崎君に聞
いてみよう。あ、そろそろスタジオも貸して下さい。

か行の73

9月〇日
 人には2つのタイプがある。
 「歌っていい人」と「いけない人」である。
 正確に言えば「人前ではけして歌ってはいけない人」である。
モチノロン私は後者に属す。だが、そうもいってはおれんのじゃ。
おられん状況なのじゃ。
 名曲が姿を消そうとしている。かつてオレたちが心ふるわせた
あの名曲たちが。
 由紀さおりが歌謡曲の復活を願うように、私もこれらの名曲の
復活を願わずにはいられない。自ら歌い、伝えることによって私
はこの目的を遂行しようと思う。今、こっそり練習している曲は、

   ◇雑踏(忌野清志郎/三宅伸治・共作)
   ◇流れる(吉田拓郎)
   ◇都万(つま)の秋(岡本おさみ・作詞/吉田拓郎・作曲)
   ◇お早うの朝(谷川俊太郎・作詞/小室 等・作曲)
   ◇のすたるじあ(泉谷しげる)
   ◇星の彼方から(天城美枝・作詞/寺本建雄・作曲)
   ◇朝は詩人(友部正人)
   ◇プカプカ(西岡恭蔵)

 いわゆる「ベスト・アルバム」には入っていないものもある。
 だが、名曲だ。こういう歌を私は伝えたいのだ。
 オープニングはもう決まっている。「アイ・シャル・ビー・リリース
ト」だ。これだけはゆずれん。キヨシローへのリスペクトもこめて、
これはゆずれん。ボブ・ディランの曲にキヨシローが詩をつけた
ものだ。この歌を私は、1988年・日比谷野音の報道エリアで聴
いた。見上げた先にキヨシロー。顔の表情までくっきり見えた。と
ても憔悴していたように見えた。笑顔もほとんどなかった。
 アルバムをめぐるさまざまな問題が彼を煩わせていた、まさに
その時のステージだった。あれ以上に鬼気迫るキヨシローを見
たことは、以前も以後もない。
 ・・・だから、この曲だけはゆずれんのだ。
 宮崎クン、またスタジオを貸してください、そして伴奏と歌唱
指導もお願いいたします。ご連絡をお待ちしております。

う行の18

8月〇日
 私は歌はヘタだが、ヘタな歌はわかる。よって日曜の昼食は
なるべく一階の食卓では取らぬようにしている。うちのばさまが
好きなのだ、N〇K「〇〇自慢」が。(さしさわりがあるため仮名
とさせていただきます)
 だが、今や私は、この「〇〇自慢おやじ(ロック版)」と化してい
る。本気でライブをやろうとしているのだ。宮崎楽器の宮崎君は
プロのボーカリストだけれど、親切にピアノ伴奏してくれるのさ。
 伝えたい歌があるんだ。僕等のヒーローの歌をね。
 アマチュアだから出来る芸当かもしれない。がんばるよ。
 どうかその時は日曜のお昼の私のように冷たくしないでほしい。
むしのいいお願いだが。

い行の24

8月〇日
 宮崎楽器の宮崎クンはぼくのギターの先生だ。
 うろ覚えだった曲をカンコピするための特訓が始まるぜ。
 宮崎クンはプロの作曲家だけれどアマチュアのぼくにも親切な
のさ。今月の練習曲は、
 「ミッシェル」「ブラックバード」「ビコーズ」。
 あいぼうのマーチン・トリプルO、新しい弦に張りかえて準備も
万端だ。

カテゴリ

漢字検定 (4616)
三国志 (23)
宮崎美子 (4)
ニーチェ (39)
オリンピック (40)
競馬 (81)
不二草紙 (1)
宮崎貴士 (4)
荒川弘 (3)
ボブ・ディラン (54)
カント (1)
ビートたけし (37)
夢野久作 (3)
ドストエフスキイ (7)
菜根譚 (10)
幸田露伴 (1)
函館 (3)
関根勤 (2)
忌野清志郎 (17)
平野啓子 (4)
サウスポー (8)
フニャフニャ (18)
ボクちゃん (21)
中原中也 (1)
ドクターTAN (3)
老化現象 (6)
いじめ (3)
水木しげる (3)
ナマハゲ (2)
吉田拓郎 (42)
トウカイテイオー (9)
未分類 (16)
Qさま (32)
大阪 (2)
橋を架けよう (12)
アイヌ文化 (1)
カ行変格活用 (5)
古今亭志ん生 (11)
ドナルド・キーン (1)
ミイちゃん (159)
屈原 (7)
ジョジョの奇妙な冒険 (15)
アンドレ・ザ・ジャイアント (9)
グリゴリ・ペレリマン (1)
となりまちの小林クン (6)
こころにたまったこと (15)
てつびん物語 (4)
熊谷守一 (5)
浜口京子 (1)
森田美由紀 (6)
島崎藤村 (1)
JAZZ (2)
群書類従 (1)
夏目漱石 (23)
あったらいいな (26)
こんなんほしい (7)
孔子 (1)
Fのコード (15)
地球温暖化 (11)
梅津正樹アナ (1)
千代の富士 (1)
天秤 (4)
ラジオ深夜便 (12)
どーん (44)
シジュウカラ (1)
酒! (30)
荒井萌ちゃん (1)
カミュさま (12)
港の見える丘 (6)
ジョウビタキ (0)
解散! (3)
キックキックトントントン (5)
レフ・トルストイ (1)
ばくばく (38)
スーパー・スター (184)
飛ばし屋 (3)
長かった~ (115)
コージー大内 (1)
ナンシー関 (2)
お散歩 (40)
師走 (9)
しろねこさん、うちのはミイちゃん (13)
こうじんきーかくで~~す(PART1より) (1)
すたこら (30)
ビートルズ (3)
お勉強 (5117)
松山ケンイチ (2)
そーなんだがね (98)
アカショウビン (1)
てんぐのへだま (6)
火急の用件 (72)
だ、だれ? (64)
泉谷しげる (3)
おんのれ~とうとうわしをおこらせやがったなあああ (31)
あ、それそれ、それなんだよ (3)
どおくまん (1)
必ず書ける「必」それはソレハである (1)
さあ、次! (41)
ああ燃えとる燃えとる (8)
吉田類 (12)
かつどん? (9)
カ~ル! (1)
石川ひとみ (3)
村上春樹 (6)
若大将 (6)
アブラカダブラ (1)
だれかが風の中で (1)
大漁 (2)
復興 (10)
ただおまえがいい (4)
江戸っ子 (6)
夕焼けトンボ (12)
ついたよ~ (11)
伊東四朗 (1)
準1級(四字熟語) (4)
円満字二郎 (10)
つづらふじ (46)
岡三郎 (42)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR