こころにたまったこと

 漢検1級ブログ ボクちゃん日記PART2(漢検一級編)

ら行の4650

9月〇日 
 誤解から生じる亀裂もあるし、大元からそりの合わぬ関係もあ
る。
 愚かでちっぽけな生き物同士。
 いろいろある。
 来る者拒まず、去る者追わず。
 そんなふうにしか僕には生きられない。


160829_094722.jpg

ら行の4641

8月〇日 
 異形の者、に対する世間様の接し方について、僕はいつもこう
感じていたんだ。
 なぜ、もっと敬意をもって迎える、という姿勢を示さないのかと。

 超一級のアスリートならわかっていたはずだ。
 アンドレ・ザ・ジャイアント。
 絶対にこの人には敵わない、と。
 ラシャ・タサハゼは平伏し、ランディー・バーンズは這う這うの
体で逃げ出し、ブルーザー・ブロディー&スタン・ハンセン組は
打つ手なしOHNO~状態で首を振り振り控え室へともぐりこむ
だろう。

 もしも偉大な体育科学者がアンドレと同じ時にあり、崇敬の念
とともに其の身体能力の計測の許諾を得ることが出来たなれば
人類は、「人類の限界はいかなものか」を具体的な数値でもって
知ることが可能であったであろう、と僕は思う。
 飛び抜けた人間に出逢ったのなら、へらへら手を打って遠くか
ら笑っている場合ではない。
 歓喜の涙で握手を求めるべき千載一遇の瞬間なのだ。

ら行の4161

6月〇日 
 以前、様々な意見を戴いた件。
 準1級取得のみの漢字教育士の講義を私が受けることはない
という考えは今もかわっていない。
 内容において得るものはほとんどないと思われるからだ。
 私だったら人様に教える前に1級を取る。
 「準1級の楽しさ」だとか「白川漢字に学ぼう」だとかテーマをし
ぼれば講座として成り立つかもしれない。
 しかしそれでも不特定多数の集まるような環境ではリスクを伴
う。其処にちょっと意地悪で彼等よりも力のある者がいて質問
攻めにあったらどうなるだろう。
 あらためて御意見を賜わりたい。
 デリケートな事柄なので、匿名でも戴ければありがたい。

ら行の3826

5月〇日 
 地下アイドル。
 この表現もいかがなものかとは思うけれども。
 本人が今、茲に、目の前にいてくれる。
 これはファンにとっては至福の時であろうが。
 線引をどのあたりでするか、は緊急の課題だ。
 
 僕のように無名な人間でさえ、思い込みによる接近にたじろぐ
ことがある。こやつが、しょもない男であることは、身近な者、たと
えばカミさんだったら明明白白たる事実なのだけれども。
 発信する側も受け取る側も、皆ひとりの、日々の生活に齷齪す
るちっぽけな存在なのだ。

ら行の3141

2月〇日 
 さて、39度のインフルAの中、訓問題に音読みを5コも6個も入
れときながらアップした模擬試験の時期から20日が経ちました
(安心してください、直ってますよ!)。
 流動食からようやっと白いお米に変わりました。咬む、という行
為がこれほどエネルギーのいるものだということも、ペット・ボトル
のキャップがあんなにも固く〆られているものなのかということも
あらためて肌で感じました。
 とにかく、ふつうに生活できることのありがたさを日々感謝しな
がら生きております。
 
 批判精神、というものはどんな権威に対しても持ち続けなけれ
ばならないと僕は考えています。業界、というものは案外に狭い
ものです。出版界も例外ではありません。それを垣間見てきた自
分は、今、社会で取りざたされている作品に対しては矢張り警戒
心を持って対処せざるを得ません。著者の所属団体、版元、選
考者の顔ぶれ、これらの繋がりが自ずからイメージされます。
 たとえば、漱石に学ぶことはたいへん意義のあることだ、と自
信をもって言えるのは、これらの作品がさまざまな柵を越えて厳
しい歴史の評価に堪えてきたからにほかなりません。古典こそま
ずこころの糧としていただきたい。漢字を学ぶことは、そのきっか
けとして最良の学問であると僕は信じております。
 パソコンの普及(ことにライン等のやりとり)、読書時間の減少
はますます拍車がかかり近い未来には書き言葉という形式さえ
なくなってしまうのではないか、という懸念さえ持たざるを得ない
状況です。一矢でもむくいねば、という心境で僕はこのブログを
続けております。過度なまた誤解をまねく表現は多々あります。
腹を決めて書いたものですので、後からの削除はしません。率
直な御意見をお寄せください。
 所在の明示があればすべて掲載いたします。まるで誠意のな
い者からのものも多くあります。今後はそれなりの処置をとらせて
いただきます。

カテゴリ

漢字検定 (4616)
三国志 (23)
宮崎美子 (4)
ニーチェ (39)
オリンピック (40)
競馬 (81)
不二草紙 (1)
宮崎貴士 (4)
荒川弘 (3)
ボブ・ディラン (54)
カント (1)
ビートたけし (37)
夢野久作 (3)
ドストエフスキイ (7)
菜根譚 (10)
幸田露伴 (1)
函館 (3)
関根勤 (2)
忌野清志郎 (17)
平野啓子 (4)
サウスポー (8)
フニャフニャ (18)
ボクちゃん (21)
中原中也 (1)
ドクターTAN (3)
老化現象 (6)
いじめ (3)
水木しげる (3)
ナマハゲ (2)
吉田拓郎 (42)
トウカイテイオー (9)
未分類 (16)
Qさま (32)
大阪 (2)
橋を架けよう (12)
アイヌ文化 (1)
カ行変格活用 (5)
古今亭志ん生 (11)
ドナルド・キーン (1)
ミイちゃん (159)
屈原 (7)
ジョジョの奇妙な冒険 (15)
アンドレ・ザ・ジャイアント (9)
グリゴリ・ペレリマン (1)
となりまちの小林クン (6)
こころにたまったこと (15)
てつびん物語 (4)
熊谷守一 (5)
浜口京子 (1)
森田美由紀 (6)
島崎藤村 (1)
JAZZ (2)
群書類従 (1)
夏目漱石 (23)
あったらいいな (26)
こんなんほしい (7)
孔子 (1)
Fのコード (15)
地球温暖化 (11)
梅津正樹アナ (1)
千代の富士 (1)
天秤 (4)
ラジオ深夜便 (12)
どーん (44)
シジュウカラ (1)
酒! (30)
荒井萌ちゃん (1)
カミュさま (12)
港の見える丘 (6)
ジョウビタキ (0)
解散! (3)
キックキックトントントン (5)
レフ・トルストイ (1)
ばくばく (38)
スーパー・スター (184)
飛ばし屋 (3)
長かった~ (115)
コージー大内 (1)
ナンシー関 (2)
お散歩 (40)
師走 (9)
しろねこさん、うちのはミイちゃん (13)
こうじんきーかくで~~す(PART1より) (1)
すたこら (30)
ビートルズ (3)
お勉強 (5117)
松山ケンイチ (2)
そーなんだがね (98)
アカショウビン (1)
てんぐのへだま (6)
火急の用件 (72)
だ、だれ? (64)
泉谷しげる (3)
おんのれ~とうとうわしをおこらせやがったなあああ (31)
あ、それそれ、それなんだよ (3)
どおくまん (1)
必ず書ける「必」それはソレハである (1)
さあ、次! (41)
ああ燃えとる燃えとる (8)
吉田類 (12)
かつどん? (9)
カ~ル! (1)
石川ひとみ (3)
村上春樹 (6)
若大将 (6)
アブラカダブラ (1)
だれかが風の中で (1)
大漁 (2)
復興 (10)
ただおまえがいい (4)
江戸っ子 (6)
夕焼けトンボ (12)
ついたよ~ (11)
伊東四朗 (1)
準1級(四字熟語) (4)
円満字二郎 (10)
つづらふじ (46)
岡三郎 (42)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR