漢検1級ブログ ボクちゃん日記PART2(漢検一級編)

漢検準1級と1級を目指す人を応援するブログ

け行の73

10月〇日
 2010年、宮城県において発見された「ベレムナイト」を分析し
た結果、従来の出現時期よりも3300万年ほど前に遡る、というこ
とがわかったらしい。つまり、
 ▲約2億年前(ジュラ紀最初期)にヨーロッパで出現
とされていた説は、
 ◎約2億3300万年前(後期三畳紀~ジュラ紀最初期)に中国
南部・日本で出現、生息、多様化
という具合に修正される可能性が出てきたわけだ。
 「ベレムナイト」はアンモナイトと並ぶ中生代の生物で、海中を
遊泳するイカに似た頭足類。
 が、その復元図は、イカである。
 少なくとも素人の私の目にはイカである。
 仮に、本物の「ベレムナイト」が今も生きていて、函館のイカ釣
り船にかかったとしても、食われる。朝市の食堂で。北大研究グ
ループの願いもむなしく。

け行の72

10月〇日
 【辞典P413】 蘗(ひこばえ) 木の切り株から芽生える新芽
 「蘗」しかないんじゃよ、文字が。「草冠」のないほうを記したか
ったのだが。「木」が「米」だと、「こうじ・もやし」になる。音は共に
「げつ」。よく出る。

け行の71

10月〇日
 【辞典P412】 月旦評(げったんひょう) 人物批評  
 「許劭月旦(きょしょうげったん)」ともいう。

け行の70

10月〇日
 旅番組を観るのが好きだ。ナレーションが少ないのがいいな。
 たんたんと旅人目線でつくられているのがいい。
 あまり生活に入り込んだ映像は好まぬ。旅人は旅人なのじゃ。
 岡本さんも言うとる。都万を訪れたときに。

   明日の朝は去ってしまおう
   だって、ぼくは怠け者の渡り鳥だから

け行の69

10月〇日
 いいわけすなあああああああああ! そういうふうにできている
といっとるだろがあああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああゥ!!!

 ・・・・・・・ア、すまん。・・・あんまり己がふがいないものでな。
 181点。
 平成24年度第2回漢字検定1級問題。小林クンに借りてやっ
てみた。問題用紙のほうに既にスッカリ正解が書かれてあるの
で、ホワイトで消して。
 しかし、これは、
  ①家でやっているので緊張してない
  ②消すとき答えをちらり見しとる
等の条件から、実際は171~176だろう。

 「禿筆を呵(か)する」・・・「呵筆」。メモってあるじゃん辞典に。
でも、「禿筆」からスグ「呵筆」は出てこんはなあ。
 「鬼臉(きけん)を被って稚児を威す」・・・なぐごはいねがああ、
ってか、こんなんいきなりムリやで。

 まだ言い訳をしている自分がいる。
 何が足りんのか、真剣に考える秋だ。

 【辞典P142】 呵筆(かひつ) 寒中に詩文をつくること。=呵
凍(かとう)=呵硯(かけん)
 「筆に息を呵(ふ)きかける」ことから。「禿筆を・・・」は自分の
文章を遜っていう時に使う。
 【辞典P430】 花臉(かけん) ①トテモ美しい臉(かお・ほお)
②中国劇の(隈取した)役者

 「鬼臉(きけん)を被って・・・」は、トウトウみつからんかった。満
点阻止問題じゃ。「鬼臉嚇人」=「鬼臉、人を嚇す」はある。「被
って」「威す」んだから、「おお鬼じゃん! 鬼の面・・・かお、顔、
おお臉じゃん!」・・・って出るわけない。
 が、それもまた言い逃れにすぎん。飲んでグチをこぼしとるヒマ
はない。突き進むのみだ。

け行の68

10月〇日
 【辞典P411】 闕掖(けつえき) ①御所 ②宮中 
 「(御所などの)正門の掖(わき)にある闕(もん)」から。
 「闕漏(けつろう)」というと「漏れ闕(か)けていること」の意。

け行の67

10月〇日
 【辞典P411】 頡頏(けっこう・きっこう) ①張り合うこと ②鳥
が飛び上がったり下がったりする様子
 「拮抗」の方がポピュラーか。

け行の66

10月〇日
 【辞典P411】 蕨拳(けっけん) 早蕨(さわらび)
 先っぽが拳(こぶし)のように丸まっているので、このようにいう。

け行の65

10月〇日
 【辞典P411】 猖獗(しょうけつ) ①(よくないものが)蔓延(は
びこ)るさま ②覆るさま ③失敗するさま
 「猖(たけりくる)う」=「獗(たけ)り獗(くる)う」。「獗」は「蹶」とも
表記する。「つまず(く)」「たお(れる)」の意。「蹶躓(けっち)」も
「つまずくこと」。・・・そういえば88点でおっこった時の試験で「蹉
躓(さち)」なんつうのがあって、手も足も出なかったことがあった
っけ。いまだにこの字を見るとじわと汗が出るようだ。

け行の64

10月〇日
 マラソンを完走する時の心のもちよう。
  ①これから100キロを走るんだ、と思い込む・・・それにくらべり
   ゃ40キロちょっとじゃんチョロイチョロイと己を鼓舞しながら
   完走
  ②次の電信柱まで走れば終わり!と思い込む・・・目標を近く
   に設定してそれを繰り返す、結果、完走
 どちらも有効な方法だが、これに、
  ③マイ・ペース
を加えよう。タイムは関係ない。自分のペースで走りきること。こ
れが一番肝心なことサ。オーバー・ペースでリタイヤするよりも。

け行の63

10月〇日
 【辞典P410】 竭尽(けつじん) 竭(ことごと)く使い竭(つ)く
すこと

け行の62

10月〇日
 【辞典P410】 歇息(けっそく) 歇(やす)むこと 

け行の61

10月〇日
 【辞典P409】 結跏趺坐(けっかふざ) あの座禅の時の、で 
きないんだけど、あの座り方
 「跏」「趺」、ともに「あぐら」のこと。

け行の60

10月〇日
 【辞典P405】 孑孑(けつけつ・げつげつ) ①孑(ひと)り孤独
なさま ②抜きん出ているさま ③小さいさま ④ぼうふら
 本来は「孑」の横棒の左側がないのを「ぼうふら」というのだが、
似ているもんでこうなっちゃったのだ。よくあるパターン。

け行の59

10月〇日
 【辞典P405】 鷁首(げきしゅ・げきす) 水鳥の鷁を模った船
首の装飾品
 「竜頭鷁首(りゅうとうげきしゅ)」とは、二隻一対の立派な船の
こと。

け行の58

10月〇日
 山の頂に登れるのは君の足だけだ。同行者の励ましはあるに
しても。

 【辞典P405】 闃寂(げきせき) 闃(しず)かで寂しいさま 

け行の57

10月〇日
 2,3,5,7,11,13,17,19・・・
 心を落ちつかせる時は、こう唱えよう。
 健闘を祈ります。

け行の56

10月〇日
 四字熟語、配点30。やはりこれは大きい。出来る限り、挙げて
みたい。(このブログ既出のものは省きました)

哀毀骨立(あいきこつりつ)
哀矜懲創(あいきょうちょうそう)
鴉雀無声(あじゃくむせい)
鴉巣生鳳(あそうせいほう)
遏悪揚善(あつあくようぜん)
阿爺下頷(あやかがん)
晏嬰孤裘(あんえいこきゅう)
按図索驥(あんずさっき)
為虎傅翼(いこふよく)
一縷千鈞(いちるせんきん)
倚馬七紙(いばしちし)
因果覿面(いんがてきめん)
飲鴆止渇(いんちんしかつ)
引縄批根(いんじょうへいこん)
陰謀詭計(いんぼうきけい)
鬱肉漏脯(うつにくろうほ)
紆余委蛇(うよいだ)
雲遊萍寄(うんゆうへいき)
影駭響震(えいがいきょうしん)
猿猴取月(えんこうしゅげつ)
厭聞飫聴(えんぶんよちょう)
婉娩聴従(えんべんちょうじゅう)
枉尺直尋(おうせきちょくじん)
枉法徇私(おうほうじゅんし)
禍福倚伏(かふくいふく)
嚮壁虚造(きょうへききょぞう)
玉石同匱(ぎょくせきどうき)
灰身滅智(けしんめっち)
厥角稽首(けっかくけいしゅ)
後悔噬臍(こうかいぜいせい)
剛毅木訥(ごうきぼくとつ)
敲金撃石(こうきんげきせき)
皓月千里(こうげつせんり)
鉤章棘句(こうしょうきょくく)
苟且偸安(こうしょとうあん)
嚆矢濫觴(こうしらんしょう)
曠世不羈(こうせいふき)
荒瘠斥鹵(こうせきせきろ)
狡兎三窟(こうとさんくつ)
狡兎良狗(こうとりょうく)
槁木死灰(こうぼくしかい)
洽覧深識(こうらんしんしき)
亢竜有悔(こうりょうゆうかい)
狐疑逡巡(こぎしゅんじゅん)
狐裘羔袖(こきゅうこうしゅう)
昏定晨省(こんていしんせい)
魂飛魄散(こんひはくさん)
讒諂面諛(ざんてんめんゆ)
残杯冷炙(ざんぱいれいしゃ)
慈烏反哺(じうはんぽ)
自己韜晦(じことうかい)
舐痔得車(しじとくしゃ)
疾言遽色(しつげんきょしょく)
酒甕飯嚢(しゅおうはんのう)
珠襦玉匣(しゅじゅぎょっこう)
珠聯璧合(しゅれんへきごう)
春寒料峭(しゅんかんりょうしょう)
笙磬同音(しょうけいどうおん)
攘臂疾言(じょうひしつげん)
常備不懈(じょうびふかい)
持粱歯肥(じりょうしひ)
砥礪切磋(しれいせっさ)
眥裂髪指(しれつはっし)
心広体胖(しんこうたいはん)
吹影鏤塵(すいえいろうじん) ※「るじん」とも読む
翠帳紅閨(すいちょうこうけい)
彗犯画塗(すいはんがと)
星火燎原(せいかりょうげん)
噬指棄薪(ぜいしきしん)
洗垢索瘢(せんこうさくはん)
翦草除根(せんそうじょこん)
吮疽之仁(せんそのじん)
草偃風従(そうえんふうじゅう)
走尸行肉(そうしこうにく)
蚤寝晏起(そうしんあんき)
大廈高楼(たいかこうろう)
太羹玄酒(たいこうげんしゅ)
対驢撫琴(たいろぶぎん)
多銭善賈(たせんぜんこ)
断鶴続鳧(だんかくぞくふ)
断薺画粥(だんせいかくしゅく)
談天雕竜(だんてんちょうりょう)
貪夫徇財(たんぷじゅんざい)
探驪獲珠(たんりかくしゅ)
黜陟幽明(ちゅっちょくゆうめい)
朝齏暮塩(ちょうせいぼえん)
雕文刻鏤(ちょうぶんこくる)
枕戈待旦(ちんかたいたん)
墜茵落溷(ついいんらくこん)
霑体塗足(てんたいとそく)
輾転反側(てんてんはんそく)
天罰覿面(てんばつてきめん)
恫疑虚喝(どうぎきょかつ)
蹈節死義(とうせつしぎ)
頭童歯豁(とうどうしかつ)
兎起鶻落(ときこつらく)
兎起鳧挙(ときふきょ)
駑馬十駕(どばじゅうが)
呑刀刮腸(どんとうかっちょう)
肉袒牽羊(にくたんけんよう)
肉袒負荊(にくたんふけい)
杯盤狼籍(はいばんろうぜき)
波詭雲譎(はきうんけつ)
璞玉渾金(はくぎょくこんきん)
撥雲見日(はつうんけんじつ)
盤根錯節(ばんこんさくせつ)
攀竜附驥(はんりょうふき)
攀竜附鳳(はんりょうふほう)
比肩随踵(ひけんずいしょう)
飛絮漂花(ひじょひょうか) ※「流花」ともいう。
牝牡驪黄(ひんぼりこう)
風鬟雨鬢(ふうかんうびん)
風岸孤峭(ふうがんこしょう)
浮雲翳日(ふうんえいじつ)
浮家泛宅(ふかはんたく)
伏寇在側(ふくこうざいそく)
鳧趨雀躍(ふすうじゃくやく)
附贅懸疣(ふぜいけんゆう)
蚊子咬牛(ぶんしこうぎゅう)
鞭辟近裏(べんぺききんり)
冒雨剪韭(ぼううせんきゅう)
北轅適楚(ほくえんてきそ)
摩頂放踵(まちょうほうしょう)
無余涅槃(むよねはん)
明窓浄几(めいそうじょうき)
沐浴抒溷(もくよくじょこん)
羊很狼貪(ようこんろうどん)
揺頭擺尾(ようとうはいび)
六韜三略(りくとうさんりゃく)
竜吟虎嘯(りゅうぎんこしょう)
琳琅満目(りんろうまんもく)
烈士徇名(れっしじゅんめい)
狼貪虎視(ろうどんこし)
驢鳴犬吠(ろめいけんばい)
和羹塩梅(わこうあんばい)

け行の55

10月〇日
 【辞典P404】 檄文(げきぶん) 檄(ふれぶみ)のこと
 「檄を飛ばす」とは、「己の意見を急いで人に知らしめ、行動を
ともにするよう促す」こと。
 「激励する」ではない。・・・ん? 404ページ?!やったーーー
ーーーー! 1616分の404。4分の1。かなりのハイ・ペースじゃ。
 この調子でがんばんべー。

け行の54

10月〇日
 【辞典P403】 覡(かんなぎ) 男性の巫女(みこ)
 「巫覡(ふげき)」は「巫女と覡」のこと。

け行の53

10月〇日
 【辞典P402】 鵙(もず)の速贄(はやにえ) モズが虫を取っ
て小枝に刺しておくもの

け行の52

10月〇日
 【辞典P402】 囈語(うわごと) 囈(うわごと)のこと

け行の51

10月〇日
 【辞典P402】 黥(いれずみ) 昔の刑罰の一

け行の50

10月〇日
 【辞典P402】 鯢(さんしょううお) サンショウウオ科・アンビス
トマ科・プレソドン科の両性類の総称
 ・・・は消しだったか、やはり。

け行の49

10月〇日
 【辞典P402】 鯨鯢(げいげい) ①雄鯨と鯢(めくじら) ②大
悪人

け行の48

10月〇日
 【辞典P401】 霓裳羽衣(げいしょううい) 霓(にじ)のように美
しい裳(もすそ)と羽衣(はごろも)のように軽い衣装

け行の47

10月〇日
 【辞典P401】 猊下(げいか) ①高僧の敬称 ②高僧の脇

け行の46

10月〇日
 【辞典P400】 鶏肋(けいろく) ①体の弱いこと ②捨て難い
もの ③自分の労作を遜っていう言葉

け行の45

10月〇日
 【辞典P399】 鶏冠木(かえで) 楓科の落葉高木の総称

け行の44

10月〇日
 ハエを見ると「イッちゃう」んだよなあ。それまで寝ては起き、起
きてはぼーとしてからまた寝ていたミイちゃんが、ハエを見ると、
イッちゃうのサ。
 急に背中をぐりんぐりんさせ、しっぽをぴんぴんさせ、まなこをめ
いっぱい見開いて、あっちこっち駆け回るんだけど、そん時はもう
ハエがいようがいまいが関係なくイッちゃってるんだよね。なんな
んだかなあ。
 猫生態学研究者の方がおられたら教えて頂けますかなあ。

カテゴリ

漢字検定 (4619)
三国志 (24)
宮崎美子 (4)
ニーチェ (39)
オリンピック (40)
競馬 (83)
不二草紙 (1)
宮崎貴士 (4)
荒川弘 (3)
ボブ・ディラン (54)
カント (1)
ビートたけし (38)
夢野久作 (3)
ドストエフスキイ (7)
菜根譚 (16)
幸田露伴 (1)
函館 (3)
関根勤 (2)
忌野清志郎 (20)
平野啓子 (4)
サウスポー (8)
フニャフニャ (18)
ボクちゃん (29)
中原中也 (1)
ドクターTAN (3)
老化現象 (6)
いじめ (3)
水木しげる (3)
ナマハゲ (2)
吉田拓郎 (46)
トウカイテイオー (9)
未分類 (19)
Qさま (36)
大阪 (2)
橋を架けよう (13)
アイヌ文化 (1)
カ行変格活用 (5)
古今亭志ん生 (11)
ドナルド・キーン (1)
ミイちゃん (167)
屈原 (7)
ジョジョの奇妙な冒険 (15)
アンドレ・ザ・ジャイアント (9)
グリゴリ・ペレリマン (1)
となりまちの小林クン (6)
こころにたまったこと (15)
てつびん物語 (4)
熊谷守一 (5)
浜口京子 (1)
森田美由紀 (6)
島崎藤村 (2)
JAZZ (2)
群書類従 (1)
夏目漱石 (25)
あったらいいな (31)
こんなんほしい (11)
孔子 (1)
Fのコード (15)
地球温暖化 (11)
梅津正樹アナ (1)
千代の富士 (1)
天秤 (4)
ラジオ深夜便 (12)
どーん (48)
シジュウカラ (1)
酒! (34)
荒井萌ちゃん (1)
カミュさま (12)
港の見える丘 (7)
解散! (4)
キックキックトントントン (5)
レフ・トルストイ (1)
ばくばく (44)
スーパー・スター (197)
飛ばし屋 (3)
長かった~ (133)
コージー大内 (1)
ナンシー関 (2)
お散歩 (50)
師走 (9)
しろねこさん、うちのはミイちゃん (13)
こうじんきーかくで~~す(PART1より) (1)
すたこら (31)
ビートルズ (3)
お勉強 (5857)
松山ケンイチ (2)
そーなんだがね (102)
アカショウビン (1)
てんぐのへだま (6)
火急の用件 (87)
だ、だれ? (76)
泉谷しげる (3)
おんのれ~とうとうわしをおこらせやがったなあああ (32)
あ、それそれ、それなんだよ (3)
どおくまん (1)
必ず書ける「必」それはソレハである (1)
さあ、次! (43)
ああ燃えとる燃えとる (17)
吉田類 (12)
かつどん? (9)
カ~ル! (1)
石川ひとみ (3)
村上春樹 (6)
若大将 (6)
アブラカダブラ (1)
だれかが風の中で (1)
大漁 (2)
復興 (11)
ただおまえがいい (5)
江戸っ子 (6)
夕焼けトンボ (12)
ついたよ~ (12)
伊東四朗 (1)
準1級(四字熟語) (4)
円満字二郎 (10)
つづらふじ (46)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR