漢検1級ブログ ボクちゃん日記PART2(漢検一級編)

漢検準1級と1級を目指す人を応援するブログ

ふ行の90

3月〇日 
 【辞典1320】 誣言(ふげん) 誣(し)い言(ごと)

ふ行の89

3月〇日 
 【辞典1320】 腐鼠之嚇(ふそのかく) 威圧的な態度
 
 梟君 う~こりゃおれんだあ~う~おめえにゃ渡さんぞおう~
 鳳凰 ?

 という状況のこと。

ふ行の88

3月〇日 
 【辞典1319】 陳腐(ちんぷ) 陳・腐(ふる)くさいこと

ふ行の87

3月〇日 
 【辞典1319】 榑木之地・扶木之地(ふぼくのち) 日本
 「榑」の訓は「くれ」。両方大事。

ふ行の86

3月〇日 
 【辞典1319】 孵化(ふか) 卵が孵(かえ)ること

ふ行の85

3月〇日 
 【辞典1319】 鳧藻(ふそう) 欣喜
 浅田選手の世界選手権優勝、笑顔が印象的だった。あいか
わらず「今後は?」の不躾な質問が絶えないが、そんなことは本
人がこれからゆっくり考えることで、今の話ぢゃあないだろうに。
 こっちのは聞くたびいらいらするね。

ふ行の84

3月〇日 
 【辞典1319】 鳧趨雀躍(ふすうじゃくやく) 手舞足踏に同じ
 世界フィギュア、エキシビジョン。選手たちの演技にはうっとり
させられる。真央ちゃんのあのふにゃふにゃ感つうの、しなやか
さというのは稀有のものだね。

ふ行の83

3月〇日 
 【辞典1319】 鳧・鳬(かも) カモ科の水鳥
 【辞典1319】 鳧・鳬(けり) ケリ科の水鳥
 【辞典1319】 鳧・鳬(けり) 古語助動詞の一
 「けりをつける」の「けり」。

ふ行の82

3月〇日 
 【辞典1319】 蜉蝣(ふゆう)の一期(いちご) 蜉蝣・蜻蛉(かげ
ろう)のように儚い一生

ふ行の81

3月〇日 
 【辞典1319】 艀(はしけ) 波止場と本船とを繋ぐ艀(こぶね) 

ふ行の80

3月〇日 
 【辞典1319】 溥天(ふてん) 溥(おお)きく溥(あまね)く溥(ひ
ろ)い天
 「溥漠(ふばく)」=「小鳥が羽で水面を叩くさま」。なんでや?

 ・・・という記事を出しましたが、凛太郎様よりのコメントから、も
う一度『漢辞海』を確認してみましたら、
 「溥漠(はくばく)」
 とありました。他に「ほ」と読む場合もあるようです。
 お詫びして訂正いたします。

ふ行の79

3月〇日 
 【辞典1319】 臓腑(ぞうふ) 臓・腑(はらわた)

ふ行の78

3月〇日 
 【辞典1318】 普天率土(ふてんそっと) 全世界

ふ行の77

3月〇日 
 【辞典1318】 普及(ふきゅう) 普(あまね)く一般に及ぶこと

ふ行の76

3月〇日 
 【辞典1318】 富贍(ふせん) 財力や知識が富み満ち贍(た)
りていること

 この「詹」がらみの漢字は、なんだか新旧字体の書き変えが徹
底していませんな。「膽」は「胆」でいいよ、というわりには他のは
そのまんま。「怛」と「憺」なんか全く別の字だし。「旧字体」を使っ
てきた人からすれば「なんじゃそれ、こっちが本家」ってな気分
だったのではないかしら。この大改革、つい最近のことなんだよ
ね。

 體さん なんやおまえ、どこが體やねん
 体くん だって今日から君が体だよって上の人から言われたん
     です
 體さん けっ、すっきりし過ぎなんだよオ
 体くん 人のモトになるからって『部首ときあかし辞典』で円満
     字先生もおっしゃってました
 體さん こっちは骨やど、骨、格が違うわ!
 体くん 人のが大きいのでは
 體さん あ~三度の飯より漢字好きなおねいちゃんなんかな
     あ、小学生んときからわしを使ってくれてたんやどお
 体くん そ、それもいかがなも・・・
 體さん ぐわ~昭和は遠くになりにけりとはこのことじゃああ~

ふ行の75

3月〇日 
 【辞典1318】 富饒(ふじょう・ふうじょう・ふにょう) 財に富んで
物が饒(おお)く饒(ゆた)かなこと

 「お師匠様」
 「おお権太郎、久しぶりじゃのう。なんじゃそりゃ」
 「そこの金鑽神社で酉の市やってるんです」
 「またでかい熊手だな。8千万はしたろう」
 「お師匠様、先日、楷の木の会長から伺ったのですが、漢字
検定の奨励賞がなくなるとのことですね」
 「あん? なんでおまえが漢検1級63回連続合格の会長はんと
面識があるのじゃ、くわ、十年早いわ! ・・で、なんじゃと」
 「奨励しょ」
 「うむ、聞いておる。受験者の励みにもなっておったので残念
じゃの。なにか別枠で設けてくれればよいのじゃが」
 「お師匠様、思うのですが、旺文社模試みたいにもっとデータ
を詳しく発表してくれてもいいのではないかと」
 「おまえいくつなんじゃ。だいたいおまえなんだったんだっけ。ま
あいいや。・・ふむ、言うことにも一理あるのう。数字を明確にす
るということは、受験者にとっては重要な事項じゃ。今後の大い
なる指針になるでな」
 「氏名はともかく、回ごとや、年間の順位や得点分布なんか見
てみたいです」
 「ボクちゃん君 ①189 ②194 ③189 第1位!、とかの」
 「まじ!?」
 「ウソ。おまえ、あれが利根川の土手でアリと戯れておったのを
見とったろうが。これはカミュ君のデータじゃ」
 「すご」
 「ところで、第3回はどうじゃった。連絡もなかったぞよ。・・ふむ
157点とな。おまえにしては上出来。・・なに、自信がのうなった。
あれだけやったのに。・・フン、やるだけやったら受かるもんじゃ。
そういうふうに出来ておるのだからな、あの検定というやつは。も
っとも、やるだけやったつもりになった者が3点足らずでおっこち
るようにもなっとるがな。・・悔しいか。ならば今から始めよ。何?
気持ちの整理をつけて・・明日からがんばります? ハン、ナマケ
モノにはもってこいの台詞だな。だが、その明日とやらはどこにあ
る。ぜひわしの目の前に持ってきて見せてほしいもんじゃ。わし
が望み見たいのは、今からおまえがだあ~と走り出してうちへ飛
び込んで、問題用紙と辞書とをにらめくらし歯を食いしばりながら
50字詰漢字ノートに書き写している姿じゃ。うろたえるな。じっく
り腰を据えよ。さすれば事は成就する」
 グビリャアストラは静かに言葉を続けた。
 「が、それは一日イッコでも努力をした者のこと。あいけね、な
んつって締切間際に申し込んで、それから問題集をひっぱりだし
たって、結果は同じ。なんべんやっても同じじゃ。今日の日をしっ
かりやった者だけが、ついに目的地にたどりつくことが出来るのじ
ゃ。さあ、行くがよい。漢検協会のおねいちゃんにはわしからもお
願いしておこう。今後は、準1級合格のおまえの名前もなんとか
載せてもらえるように、とな」

ふ行の74

3月〇日 
 【辞典1318】 富貴(ふうき)は驕奢(きょうしゃ)を生ず 偉くな
ると、とかく心は傲慢になるものだということ

ふ行の73

3月〇日 
 いや~最初の3回転半つうの、どきどきするね。
 真央ちゃん、おめでとう。

 【辞典1317】 傅粉(ふふん) 白粉(おしろい)を傅(つ)けるこ

 「傅粉施朱(ふふんししゅ)」なる四字熟語もあるぞよ。

ふ行の72

3月〇日 
 【辞典1317】 傅育(ふいく) 傅(つ)き傅(かしず)き育てること
 「傅」は「もり」の訓がある。「もり」と「かしず(く)」が大事。

ふ行の71

3月〇日 
 【辞典1317】 趺・趺坐(あぐら) 胡坐・胡床に同じ
 「趺」は「あし」「うてな」とも読む。

ふ行の70

3月〇日 
 【辞典1317】 符(わりふ) 割符に同じ
 「符契(ふけい)」「符節(ふせつ)」などの言葉もある。

img006.jpg


 あ~みなさん、

   ああん?

 と引っかかる語を漢字練習帳に書き出しましょう。そして、徹底
的に覚えましょう。

 と先日、提案をいたしましたが、では実際にやってみましょう!
 たとえば、「間(あい) ①物と物のあいだ。すきま。 ②中間の
時間帯。あいま。うんぬんかんぬん・・」これはOK。「間語(あい
がた)り 能楽で狂言方が受け持つうんぬんかんぬん・・」これも
特にマークの必要なし。・・という具合にイッコっつ確認していく
のですな。「イッコっつ」が大事です。ゆっくり、丁寧に読み込んで
いきましょう。
 そうすると、めっかります。

   ああん?

 が。
 しっかり読んでいくことによって、目で追っていっただけでは、す
っとばしていた、特に、「常用漢字のみで作られた難解熟語」を
見つけることが出来るのです。
 これこそ「あと10点取れてりゃなあ」の「10点」なのであります。
 因みに私のはホワイトで消しておりますので、斯様になります。


img002.jpg


 例えば「間隙(かんげき)」などは、「①すきま」はマア普通です
が、②に「仲たがい」とありますネ。こういうのが要チェック事項。
いにっきり目立つ色でマークします。でかい文字だけではなく隈
なく読んでいくことが大事です。時間はかかりますが、その分、定
着率もよいのです。
 では、ぐんない。


ふ行の69

3月〇日 
 【辞典1317】 桴鼓(ふこ) 桴(ばち)と鼓(つづみ)
 「叩けば響くような良い反応」の意味もあるようだ。「枹(ばち)」
とも書く。

ふ行の68

3月〇日 
 【辞典1317】 桴筏(ふばつ) 桴・筏(いかだ)

ふ行の67

3月〇日 
 【辞典1316】 釜殿(かなえどの) 鼎殿に同じ

ふ行の66

3月〇日 
 【辞典1316】 郛郭(ふかく) 郛・郭(くるわ) 

ふ行の65

3月〇日 
 【辞典1316】 説郛(せっぷ) 明・陶宗儀の編による叢書
 なんのことやら調べたらこんなことやった。

ふ行の64

3月〇日 
 【辞典1316】 浮腫(ふしゅ) 浮腫(むくみ)

ふ行の63

3月〇日 
 【辞典1316】 浮薔(みずあおい) 雨久花に同じ
 二個とも超あやしいと私はにらんでおる。
 「水にぷかぷか浮かんでいる青い薔薇」「久しぶりに降った雨
は青かった」で覚えた。

ふ行の62

3月〇日 
 【辞典1316】 浮声切響(ふせいせっきょう) 高い声と低い声
 あいかわらず多いね、声の裏返るアナウンサー。なぜ、注意し
ないのかな。低音の化粧声もかなわんが。

ふ行の61

3月〇日 
 【辞典1316】 浮華(ふか) 一見、華やかに見えるが中身のな
いこと

 「ベビーカー」に対して6割の人が「迷惑と感じた」というデータ
があるようだが、これは意外な印象を受けた。
 私も数年間、電車通勤の経験があるが、手助けこそすれ、迷
惑と思ったことはない。車椅子の方が入ってこられたら、どうする
だろうか。どんなに混雑していても、みな融通し合い、安全を確
保することに努めるだろう。小さな子供もまた守るべき存在では
ないか。
 さまざまな状況があるだろうから、私の見解も一面的なものか
も知れぬ。国民全体で真剣に考えるべき事柄のように思う。

カテゴリ

漢字検定 (4623)
三国志 (24)
宮崎美子 (4)
ニーチェ (39)
オリンピック (40)
競馬 (86)
不二草紙 (1)
宮崎貴士 (4)
荒川弘 (3)
ボブ・ディラン (54)
カント (1)
ビートたけし (38)
夢野久作 (3)
ドストエフスキイ (7)
菜根譚 (16)
幸田露伴 (1)
函館 (3)
関根勤 (2)
忌野清志郎 (20)
平野啓子 (4)
サウスポー (8)
フニャフニャ (18)
ボクちゃん (29)
中原中也 (1)
ドクターTAN (3)
老化現象 (6)
いじめ (3)
水木しげる (3)
ナマハゲ (2)
吉田拓郎 (46)
トウカイテイオー (9)
未分類 (19)
Qさま (37)
大阪 (2)
橋を架けよう (14)
アイヌ文化 (1)
カ行変格活用 (5)
古今亭志ん生 (11)
ドナルド・キーン (1)
ミイちゃん (172)
屈原 (7)
ジョジョの奇妙な冒険 (15)
アンドレ・ザ・ジャイアント (9)
グリゴリ・ペレリマン (1)
となりまちの小林クン (7)
こころにたまったこと (15)
てつびん物語 (4)
熊谷守一 (5)
浜口京子 (1)
森田美由紀 (6)
島崎藤村 (2)
JAZZ (2)
群書類従 (1)
夏目漱石 (25)
あったらいいな (39)
こんなんほしい (11)
孔子 (1)
Fのコード (15)
地球温暖化 (12)
梅津正樹アナ (1)
千代の富士 (1)
天秤 (4)
ラジオ深夜便 (12)
どーん (48)
シジュウカラ (1)
酒! (34)
荒井萌ちゃん (1)
カミュさま (12)
港の見える丘 (7)
解散! (4)
キックキックトントントン (5)
レフ・トルストイ (1)
ばくばく (46)
スーパー・スター (212)
飛ばし屋 (3)
長かった~ (137)
コージー大内 (1)
ナンシー関 (2)
お散歩 (52)
師走 (9)
しろねこさん、うちのはミイちゃん (13)
こうじんきーかくで~~す(PART1より) (1)
すたこら (31)
ビートルズ (4)
お勉強 (5963)
松山ケンイチ (2)
そーなんだがね (104)
アカショウビン (1)
てんぐのへだま (6)
火急の用件 (91)
だ、だれ? (77)
泉谷しげる (3)
おんのれ~とうとうわしをおこらせやがったなあああ (32)
あ、それそれ、それなんだよ (3)
どおくまん (1)
必ず書ける「必」それはソレハである (1)
さあ、次! (47)
ああ燃えとる燃えとる (17)
吉田類 (12)
かつどん? (11)
カ~ル! (1)
石川ひとみ (3)
村上春樹 (7)
若大将 (6)
アブラカダブラ (1)
だれかが風の中で (1)
大漁 (2)
復興 (11)
ただおまえがいい (5)
江戸っ子 (6)
夕焼けトンボ (12)
ついたよ~ (13)
伊東四朗 (1)
準1級(四字熟語) (4)
円満字二郎 (10)
つづらふじ (46)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR