漢検1級ブログ ボクちゃん日記PART2(漢検一級編)

漢検準1級と1級を目指す人を応援するブログ

ら行の753

1月〇日 
①抵抗をやめおとなしく従うこと=キジュン(   )
②昨年の末=カクロウ(   )
③大きく優れ尊いさま=キョイ(   )
④謹み敬うこと=クギョウ(   )
⑤白く穢れのないさま=キョウケツ(   )
⑥奢りほこること=キョウカ(   )
⑦多くの中で殊に優れた人物=ギョウソ(   )
⑧固く節操を守ること=コウチョウ(   )
⑨制度などの悪い所を改めること=コウカク(   )
⑩先生の座る席=コウチョウ(   )

①抵抗をやめおとなしく従うこと=キジュン(帰順)
②昨年の末=カクロウ(客臘)
③大きく優れ尊いさま=キョイ(鉅偉) ※「鉅」=「とうと(い)」
④謹み敬うこと=クギョウ(恭敬) ※「きょうけい」とも読む
⑤白く穢れのないさま=キョウケツ(皎潔) ※「こうけつ」もOK
⑥奢りほこること=キョウカ(驕誇) ※=「きょうこ」
⑦多くの中で殊に優れた人物=ギョウソ(翹楚)
⑧固く節操を守ること=コウチョウ(後凋) ※「後彫」とも書く
⑨制度などの悪い所を改めること=コウカク(更革)
⑩先生の座る席=コウチョウ(絳帳) ※「絳(あか)い」

ら行の752

1月〇日 
①ぼんやりとして明瞭でないさま=イキ(   )
②同じ場に長期間とどまること=エンリュウ(   )
③トテモ美味しい料理=カセン(   )
④寒中に筆を温め詩文を書くこと=カヒツ(   )
⑤数えで61歳の人=カコウ(   )
⑥結婚すること=カシュ(   )
⑦誉め称えること=カショウ(   )
⑧気にかけ心配に思うこころ=カイイ(   )
⑨言い回しのたくみなさま=カッタク(   )
⑩押し切って行動すること=カンイ(   )

①ぼんやりとして明瞭でないさま=イキ(依稀)
②同じ場に長期間とどまること=エンリュウ(淹留)
③トテモ美味しい料理=カセン(佳饌)
④寒中に筆を温め詩文を書くこと=カヒツ(呵筆) ※「ふ(く)」
⑤数えで61歳の人=カコウ(華甲)
⑥結婚すること=カシュ(嫁娶)
⑦誉め称えること=カショウ(嘉尚)
⑧気にかけ心配に思うこころ=カイイ(介意)
⑨言い回しのたくみなさま=カッタク(滑沢)
⑩押し切って行動すること=カンイ(敢為)

ら行の751

1月〇日 
 「岑崟」は「しんぎん」の読みもあるようですねえ。

   岑岑(しんしん)
   岑崟(しんぎん/ぎんぎん)
   崟崟(ぎんぎん)

 ということになりましょうか。
 みなさま、いろいろとありがとうございます。
 では、参ります。

ら行の750

1月〇日 
 さて、(四)ですが、ここを6或は8点で乗り切れば希望の光が
見えてきますね。本試験は余計なものが三個含まれております
が、しっかりと意味を把握しておけば、そんなに惑わされること
はないと感じます。
 では、参りましょう。

ら行の749
ら行の748

1月〇日 
③クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。
④クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑤クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑥クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑦クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑧クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑨クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑩クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。

 の「櫞」は1級配当ではないのでは、とのお知らせを戴きまし
た。う~ん確かに「音訓表」には見当たらんですな。たまにこうい
うのがありますね。「耒耜」の「耒」もそうですけんど。
 「第一版」ではP366に掲載されております。

①ザンゼン(   )として頭角を現した。
②なんぞ一日もシクン(   )なかるべけんや。
③御飯に刻んだ人参と椎茸をカ(  )てる。
④シュタクボン(    )を見て故人を偲ぶ。
⑤創業者の遺志を継いでシュセイ(   )に努めてくれ。
⑥屋根に瓦をフ(  )く権兵衛。
⑦シュクハツ(   )して出家する。
⑧フカヒレ(   )スープはうまいのうじゅるる~。
⑨川の流れをセ(  )く。
⑩律令下の四位・五位の死をシュッキョ(   )という。

①ザンゼン(嶄然)として頭角を現した。
②なんぞ一日もシクン(此君)なかるべけんや。 ※=竹
③御飯に刻んだ人参と椎茸をカ(糅)てる。
④シュタクボン(手沢本)を見て故人を偲ぶ。
⑤創業者の遺志を継いでシュセイ(守成)に努めてくれ。
⑥屋根に瓦をフ(葺)く権兵衛。
⑦シュクハツ(祝髪)して出家する。
⑧フカヒレ(鱶鰭)スープはうまいのうじゅるる~。
⑨川の流れをセ(塞)く。 ※「堰く」とも書く
⑩律令下の四位・五位の死をシュッキョ(卒去)という。

 「そっきょ」でも正解です。

ら行の747

1月〇日 
 申し訳ない。「いとぐち」は「緒」が正解であります。「端緒」の
「緒」。ご連絡いただきましたお方、まことにありがとうございまし
た。ほんとうに気をつけねば。

①ああもっと詳しくグチン(   )しとくれ営業部長。
②優雅に葉巻をクユ(  )らすジャイアント・馬場。
③そんなコシュ(   )を編むような危険ができるか。
④アあの碁石を入れるホレ丸い器ええと・・ああゴケ(  )ね。
⑤あれは随分クガイ(   )知らずの人間だね。
⑥ササガニ(   )とは蜘蛛のことである。
⑦世間のシガラミ(  )に汲汲とする。
⑧おい其処の柱をハツ(  )ってくれ飯塚くん。
⑨人が願う三つの事柄をサンゴウ(   )という。
⑩サンサイ(   )図会を観て宇宙の壮大さを感じた。

①ああもっと詳しくグチン(具陳)しとくれ営業部長。
②優雅に葉巻をクユ(燻)らすジャイアント・馬場。
③そんなコシュ(虎鬚)を編むような危険ができるか。
④アあの碁石を入れるホレ丸い器ええと・・ああゴケ(碁笥)ね。
⑤あれは随分クガイ(公界)知らずの人間だね。
⑥ササガニ(細蟹)とは蜘蛛のことである。
⑦世間のシガラミ(柵)に汲汲とする。
⑧おい其処の柱をハツ(削)ってくれ飯塚くん。
⑨人が願う三つの事柄をサンゴウ(三楽)という。
⑩サンサイ(三才)図会を観て宇宙の壮大さを感じた。

ら行の746

1月〇日 
①崖っぷちをキョクセキ(   )して進む。
②主君の側に侍る者をキンジュ(   )と呼ぶ。
③クエンサン(    )は酸っぱくてそのままでは喰えん。
④クエンサン(    )は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑤クエンサン(    )は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑥クエンサン(    )は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑦クエンサン(    )は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑧クエンサン(    )は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑨クエンサン(    )は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑩クエンサン(    )は酸っぱくてそのままでは喰えん。

 アヤシイんだよ、これ。

①崖っぷちをキョクセキ(跼蹐)して進む。
②主君の側に侍る者をキンジュ(近習)と呼ぶ。 ※=きんじゅう
③クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。
④クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑤クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑥クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑦クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑧クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑨クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。
⑩クエンサン(枸櫞酸)は酸っぱくてそのままでは喰えん。

 怪しいこともあるだろうけど疲れてきたんぢゃあないかってか。
 さようでござる。ではこれにて本日はさようなら。

ら行の745

1月〇日 
①生死のカントウ(   )に立つような出来事だった。
②有能な人材をカンバツ(   )する。
③彼の知識はキモン(   )の学に過ぎぬ。
④人様のギヒョウ(   )となるよう頑張りなさい。
⑤キュウカツ(   )を易う。
⑥キュウカツ(   )を叙する。
⑦なんと出鱈目でキョタン(   )な説じゃ。
⑧おんのれ~俺をコケ(   )にしやがって~。
⑨オデン(   )の中では蒟蒻がいちばんだ。
⑩びっくりして思わずノ(  )け反った。

①生死のカントウ(関頭)に立つような出来事だった。
②有能な人材をカンバツ(簡抜)する。 ※「簡(えら)ぶ」
③彼の知識はキモン(記問)の学に過ぎぬ。
④人様のギヒョウ(儀表)となるよう頑張りなさい。
⑤キュウカツ(裘葛)を易う。
⑥キュウカツ(久闊)を叙する。
⑦なんと出鱈目でキョタン(虚誕)な説じゃ。
⑧おんのれ~俺をコケ(虚仮)にしやがって~。
⑨オデン(御田)の中では蒟蒻がいちばんだ。
⑩びっくりして思わずノ(仰)け反った。

ら行の744

1月〇日 
 (二) 書き取り、ですがなあ、ここで26点はキープしときたいで
すねえ。裏側は難敵揃いですから、(一)(二)合計で52、出来
れば4点の加点をしておきたいところ。「アここができてりゃ合格
だっ・・・」という悔いが残る箇所の第一候補です。
 一画一画、正確に書けるようにしておくこと、が大事ですね。
 変化球的なものを挙げておこうと思います。

 (二) 次のカタカナを漢字で記せ。

①今日は終始アクサク(   )し通しだった。
②アンコガタ(    )のいい関取になったね。
③それはオウテン(   )の如き狭量な考えだ。
④ケ(  )しからん奴だぷんぷん。
⑤彼の芸はケレンミ(    )が強いな。
⑥あちちちやっぱモグサ(    )は効くにゃあミイちゃんや。
⑦領空権をカンパン(   )した。
⑧アセミズク(    )になって働こう。
⑨寝ている間にカンタンシ(    )にやられた。
⑩寒いねえ夕飯はケンチンジル(    )にしよう。

①今日は終始アクサク(齷齪)し通しだった。 ※=「あくせく」
②アンコガタ(鮟鱇形)のいい関取になったね。
③それはオウテン(甕天)の如き狭量な考えだ。
④ケ(怪)しからん奴だぷんぷん。
⑤彼の芸はケレンミ(外連味)が強いな。
⑥あちちちやっぱモグサ(艾)は効くにゃあミイちゃんや。
⑦領空権をカンパン(干犯)した。
⑧アセミズク(汗水漬)になって働こう。
⑨寝ている間にカンタンシ(邯鄲師)にやられた。
⑩寒いねえ夕飯はケンチンジル(巻繊汁)にしよう。

ら行の743

1月〇日 
①この柘(     )も随分でかくなったもんだ。
②叢に集(   )く蟋蟀の声が聞こえる。
③解決の緒(    )を探す。
④その矢を矧(  )ぐことを最初にやっとくれ。
⑤お~いみんな萃(   )まってくれ。
⑥米を丁寧に精(   )げる。
⑦彼女はまったく倩(    )しい人だ。
⑧怎(   )でそれを解決しようぞ。
⑨この糯(     )を搗いといてくれるかね。
⑩太(    )だ簡単ですがこれにて御免仕ります。

①この柘(やまぐわ)も随分でかくなったもんだ。
②叢に集(すだ)く蟋蟀の声が聞こえる。
③解決の緒(いとぐち)を探す。
④その矢を矧(は)ぐことを最初にやっとくれ。
⑤お~いみんな萃(あつ)まってくれ。
⑥米を丁寧に精(しら)げる。
⑦彼女はまったく倩(うつく)しい人だ。
⑧怎(いか)でそれを解決しようぞ。
⑨この糯(もちごめ)を搗いといてくれるかね。
⑩太(はなは)だ簡単ですがこれにて御免仕ります。

ら行の742

1月〇日 
①凄い雪だなオイこの橇(     )を履いてゆけ。
②薑(     )とは生姜の別名だ。
③その鈞(    )はいくらかね。
④その券(    )はとうとう落ちなかった。
⑤敵の軍旗を搴(  )ったど~。
⑥おい其の侯(   )を取ってくれ。
⑦絖(   )とは生糸を用いた絹織物のことだ。
⑧それを渾(   )て片付けとくれ。
⑨私(   )かに応援してますよ。
⑩この件について質(   )したいことがある。

①凄い雪だなオイこの橇(かんじき)を履いてゆけ。
②薑(はじかみ)とは生姜の別名だ。
③その鈞(ろくろ)はいくらかね。
④その券(てがた)はとうとう落ちなかった。
⑤敵の軍旗を搴(と)ったど~。
⑥おい其の侯(まと)を取ってくれ。
⑦絖(ぬめ)とは生糸を用いた絹織物のことだ。
⑧それを渾(すべ)て片付けとくれ。
⑨私(ひそ)かに応援してますよ。
⑩この件について質(ただ)したいことがある。

ら行の741

1月〇日 
①おい其処の夬(    )を取ってくれ。
②彼の漢字の才には价(  )いものがある。
③まったく蛔(      )がおさまらんねぷんぷん。
④鳴門の渦が匯(   )るさまは圧巻だった。
⑤その文章の茲の所を格(   )しておいてね。
⑥これがうちの慣(     )であります。
⑦何の顔(     )あって彼に再会できようぞ。
⑧すべての受験者に祺(    )いのありますように。
⑨さあこれで総ての復習が訖(  )わった。
⑩この秬(     )で旨い酒が飲めるのさ。

①おい其処の夬(ゆがけ)を取ってくれ。
②彼の漢字の才には价(よ)いものがある。
③まったく蛔(はらのむし)がおさまらんねぷんぷん。
④鳴門の渦が匯(めぐ)るさまは圧巻だった。
⑤その文章の茲の所を格(ただ)しておいてね。
⑥これがうちの慣(ならわし)であります。
⑦何の顔(かんばせ)あって彼に再会できようぞ。
⑧すべての受験者に祺(さいわ)いのありますように。
⑨さあこれで総ての復習が訖(お)わった。
⑩この秬(くろきび)で旨い酒が飲めるのさ。

ら行の740

1月〇日 
 (一) 次の(  )に訓読みを記入せよ。

①あの阿(   )のうねり具合がいいね。
②長いこと此の痾(    )に悩まされてますよ。
③長良川近くの林から尉鶲(       )の声が聞こえる。
④草の茵(    )で一眠りする。
⑤このところ霪(     )が続いている。
⑥恐ろしい夢に魘(   )われた。
⑦みんなの唹(   )う声がする。
⑧この瘟(    )はなかなか収拾がつかない。
⑨笳(     )の音が悲しく響く。
⑩永きに渡る貢献を嘉(   )する。

①あの阿(くま)のうねり具合がいいね。
②長いこと此の痾(やまい)に悩まされてますよ。
③長良川近くの林から尉鶲(じょうびたき)の声が聞こえる。
④草の茵(しとね)で一眠りする。
⑤このところ霪(ながあめ)が続いている。
⑥恐ろしい夢に魘(おそ)われた。
⑦みんなの唹(わら)う声がする。
⑧この瘟(えやみ)はなかなか収拾がつかない。
⑨笳(あしぶえ)の音が悲しく響く。
⑩永きに渡る貢献を嘉(よみ)する。

ら行の739

1月〇日 
 「出来」には「勃発」の意もあります。
 なお、「ぎんぎん」は「崟崟」の表記もあるようですね。いつも多
くの方からお知恵を拝借いたします。まったく、ブログによって私
自身も一歩一歩、成長しているようであります。また、

④訓は二十だが音は廿(じゅう)。

 もちょっとわかりにくかったですね。
 「廿」の音が「じゅう」、訓が「にじゅう」です。

①罧(   )にて川魚を獲る。
②砌下(    )に雨垂れが落ちている。
③楔形(     )文字を博物館で見る。
④上司の命令に舛互(    )した。
⑤茜衫(     )を来て春の京都を歩く。
⑥笊籬(    )いっぱいに栗が取れた。
⑦たくさんの薪を掫聚(      )した。
⑧鉄鐓(     )で地固めする。
⑨川の奔滝(     )に出くわした。
⑩夜の巷に撃柝(     )の音が響く。

①罧(しん)にて川魚を獲る。 ※「ふしづけ」
②砌下(せいか)に雨垂れが落ちている。 ※訓は「みぎり」
③楔形(せっけい)文字を博物館で見る。 ※「けっけい」とも
④上司の命令に舛互(せんご)した。
⑤茜衫(せんさん)を来て春の京都を歩く。
⑥笊籬(そうり)いっぱいに栗が取れた。 ※=「いかき」
⑦たくさんの薪を掫聚(そうしゅう)した。
⑧鉄鐓(てったい)で地固めする。
⑨川の奔滝(ほんろう)に出くわした。
⑩夜の巷に撃柝(げきたく)の音が響く。

 「柝」の訓は、「き」「ひょうしぎ」です。
 以上、「第一版」のP1000までから集めてみました。
 (一)訓読み、以降もこのページまでやってみます。・・おまけ。

⑪祭祀のための粢醍(    )を用意する。

⑪祭祀のための粢醍(してい)を用意する。

ら行の738

1月〇日 
 たいへんもうしわけない。

⑦滑稽な姿に思わず咲笑(しょうがん)した。・・・・・は、

⑦滑稽な姿に思わず咲顔(しょうがん)した。

 の誤りです。「咲」=「笑」、から誤記いたしました。またまたこっ
そり教えて戴いた方がありました。すみませぬ。時期も時期なの
で今後このようなことのないよう注意いたします。

①臑骨(     )を痛めたスタン・ハンセン。
②諸柘(     )とは甘蔗の異名である。
③この度は這裏(    )の事情によりましてうんぬんかんぬ・・。
④訓は二十だが音は廿(    )。
⑤東中学新校舎も愈愈来年に出来(      )予定だ。
⑥では都都逸なぞを一齣(     )べべん。
⑦前任者の仕事を踵武(     )する。
⑧彼の行為にはホトホト嬲悩(      )させられた。
⑨こころない辱号(     )に憤る。
⑩膝小僧が岑岑(     )と疼くブルーザー・ブロディー。

①臑骨(どうこつ)を痛めたスタン・ハンセン。
②諸柘(しょしゃ)とは甘蔗の異名である。
③この度は這裏(しゃり)の事情によりましてうんぬんかんぬ・・。
④訓は二十だが音は廿(じゅう)。
⑤東中学新校舎も愈愈来年に出来(しゅったい)予定だ。
⑥では都都逸なぞを一齣(いっせき)べべん。
⑦前任者の仕事を踵武(しょうぶ)する。
⑧彼の行為にはホトホト嬲悩(じょうのう)させられた。
⑨こころない辱号(ぞくごう)に憤る。
⑩膝小僧が岑岑(しんしん)と疼くブルーザー・ブロディー。

 「岑崟」は「ぎんぎん」。よく出ます。

ら行の737

1月〇日 
①喧鬨(     )な町並みを避けて通る。
②今晩は禹の父の鯀(   )です。
③この町は鶤鶏(     )の飼育で有名だ。
④人生の岔道(    )に立つ。
⑤己を淬励(     )し勉学に取り組む。
⑥おい其処の箭靫(     )を取ってくれ。
⑦滑稽な姿に思わず咲顔(      )した。
⑧暑くて思わず汗衫(     )を脱ぎ捨てた。
⑨たっぷりと大蒜(     )の入った餃子を頬張る。
⑩よし今日は耒耜(    )で農作業だ。

①喧鬨(けんこう)な町並みを避けて通る。
②今晩は禹の父の鯀(こん)です。
③この町は鶤鶏(こんけい)の飼育で有名だ。
④人生の岔道(たどう)に立つ。
⑤己を淬励(さいれい)し勉学に取り組む。
⑥おい其処の箭靫(せんさい)を取ってくれ。
⑦滑稽な姿に思わず咲顔(しょうがん)した。
⑧暑くて思わず汗衫(かんさん)を脱ぎ捨てた。
⑨たっぷりと大蒜(たいさん)の入った餃子を頬張る。
⑩よし今日は耒耜(らいし)で農作業だ。

ら行の736

1月〇日 
①こっそりと籌筴(      )をめぐらす。
②こんな雪では今日は橇行(      )といたそう。
③金打(      )は守れと言っただろうがぐわあ~。
④お菓子の箱が空耗(     )と化した。
⑤ことの成り行きを景迹(       )する。
⑥北京市の近く薊丘(      )を訪ねた。
⑦各地の墓碣(    )を探し歩く。
⑧幵(   )とは羌の支族のことだ。
⑨源爺に桶箍(    )の修理を頼んだ。
⑩隣の神社に地窖(    )が見付かった。

①こっそりと籌筴(ちゅうさく)をめぐらす。
②こんな雪では今日は橇行(きょうこう)といたそう。
③金打(きんちょう)は守れと言っただろうがぐわあ~。
④お菓子の箱が空耗(くうこう)と化した。
⑤ことの成り行きを景迹(きょうじゃく)する。
⑥北京市の近く薊丘(けいきゅう)を訪ねた。
⑦各地の墓碣(ぼけつ)を探し歩く。
⑧幵(けん)とは羌の支族のことだ。
⑨源爺に桶箍(とうこ)の修理を頼んだ。
⑩隣の神社に地窖(ちこう)が見付かった。

ら行の735

1月〇日 
 「找(か)」の場合は「さおさ(す)」ですね。こちらは訓読みで狙
われそうです。では頁を繰ることにいたしましょう。
 (一) 次の(  )に音読みを記入せよ。

①世界の遐圻(   )へ旅立つ。
②グビリャアストラの忌諱(   )に触れた権太郎。
③耆旧(     )の言に慎んで傾聴する。
④ゴルフに対する耆欲(    )が高まった。
⑤朞年(    )の経つのは早いものだ。
⑥彼はたいへんな嶷児(   )に違いない。
⑦岌嶷(      )の地に挑む。
⑧蔦の枝が壁に摎結(      )した。
⑨逃亡犯を摎蓼(     )する。
⑩供奉(   )としての役割を果たした。

①世界の遐圻(かき)へ旅立つ。
②グビリャアストラの忌諱(きい)に触れた権太郎。 ※=「きき」
③耆旧(ききゅう)の言に慎んで傾聴する。
④ゴルフに対する耆欲(しよく)が高まった。
⑤朞年(きねん)の経つのは早いものだ。
⑥彼はたいへんな嶷児(ぎじ)に違いない。 ※「さと(い)」
⑦岌嶷(きゅうぎょく)の地に挑む。
⑧蔦の枝が壁に摎結(きゅうけつ)した。
⑨逃亡犯を摎蓼(こうろう)する。  ※=追跡
⑩供奉(ぐぶ)としての役割を果たした。

ら行の734

1月〇日 
 申し訳ありません。前記の、

⑤久しぶりに友の家を找宅(そうたく)する。 ※「さが(す)」・・を

⑤久しぶりに友の家を找宅(そうたく)する。 ※「たず(ねる)」

 に訂正いたします。「探し訊ねるっつう意味で使う場合はソウに
なるのかあそうかそういうことかあ」なんと思いながら書いてたら
間違えました。親切に教えていただきましたお方、ありがとうござ
いました。まだ足元にも及びませんが頑張ってまいりますので、こ
れからもご指導の程よろしくお願い申し上げる次第であります。

 なお、「找宅」は私の造語です。他の辞書で熟語が見付かれ
ばそちらに変更いたします。

ら行の733

1月〇日 
 (一) 次の(  )に音読みを記入せよ。

①鮮やかな殷紅(     )の衣を手に入れた。
②糺の森に蔚然(     )と木々が茂る。
③漢詩の大家に郢斧(    )を乞う。
④奕棋(    )を打つのが源爺の趣味だ。
⑤久しぶりに友の家を找宅(     )する。
⑥ずいぶん花車(     )な体格だな君は。
⑦来客の訝賓(    )の準備に余念がない。
⑧匯兌(    )のレートが大きく変わった。
⑨ここは鹹潟(     )で有名だ。
⑩撃缶(    )して伴奏する山田権太郎くん。

①鮮やかな殷紅(あんこう)の衣を手に入れた。
②糺の森に蔚然(うつぜん)と木々が茂る。
③漢詩の大家に郢斧(えいふ)を乞う。
④奕棋(えっき)を打つのが源爺の趣味だ。
⑤久しぶりに友の家を找宅(そうたく)する。 ※「たず(ねる)」
⑥ずいぶん花車(きゃしゃ)な体格だな君は。
⑦来客の訝賓(がひん)の準備に余念がない。
⑧匯兌(かいだ)のレートが大きく変わった。 ※「わいだ」とも
⑨ここは鹹潟(かんせき)で有名だ。
⑩撃缶(げきふ)して伴奏する山田権太郎くん。

ら行の732

1月〇日 
 私立高校、全員合格だ。3月へ向けてがんばろう! その前に
2月はオレががんばるんだった。
 では、問題です。
 なるべく、
 
  ①漢字辞典に掲載されているもの
  ②問題集には掲載されていないもの
  ③盲点になりやすいもの

 を基準に選びました。「あと10点」のうちの「3点」くらいには役
立つと思います。

ら行の731

1月〇日 
 う~む。
 う~むばっかりの昨今だがね。
 確実にイッコずつ確認してゆかねば。
 虻蜂とらずがいっとうよくないですな。
 明日から、(一)の半分くらい出せると思います。
 では、ぐんない。

ら行の730

1月〇日 
 「躁急」。せっかちなさま。
 う~む、こういうのが出てきにくいね。
 『かけだしリピーターの四方山話』(15/1/24)にあります。
 直前、たいへん心強い資料です。

ら行の729

1月〇日 
 う~む「橘井杏林」で「医者」のことか。薬品会社であったがこ
こからなのかなあ。「挈瓶之知(けつべい/けっぺいのち)」という
のも確か『しろねこの日記』で教わった四字熟語だ。
 『漢検1級 満点めざして生涯学習!』に掲載されとります。
 ご覧ください。

 では今日も一日がんばりましょう。

ら行の728

1月〇日 
 さて、『漢字辞典』に戻りましょう。
 (一)から(十)、もう一度おさらいしてまいりまょう。
 ここからの詰めで10点は違ってきます。

ら行の727

1月〇日 
 私の漢字検定1級についてのキャリアはたかが知れている。
 楷の木会長の連続記録からすれば微々たる実績だし、となり
のまちの小林くんからみたらスロー・スターターもいいところだ。
たわしはんのように一発合格するほどの集中力もなかったし、カ
ミュさんの如く常時高得点を叩き出すような安定感もない。けれ
ども、私ほど、この一年間に限っていうなれば、本試験に対して
努力をした者はない。ないない、けしてない。と、信じてやるしか
ないかにゃあミイちゃんや。ぐびひゃへ~あれもこれもやることだ
らけですけんど、この時期だけは皆さん「おれって、わたしって天
才なんだああ」と自惚れてがんばりましょうね~。

ら行の726

1月〇日 
 たびたびすみません。

 で~「暗澹」は「暗憺」でもOKだった~。
 ②偏をとっちがえる・・・「暗澹」を「暗憺」と書いた、を、
 ②偏をとっちがえる・・・「剽悍」を「剽桿」と書いてしまった
 に訂正いたします。・・・・・・を、

 ②偏をとっちがえる・・・「暗澹」を「暗憺」と書いた(心に関する
熟語だから、と思い込む。剽悍〇⇒剽桿×なども)

 に再訂正をば致します。
 「暗澹」は「さんずい」しか見当たりませんでした。
 「惨澹」は「惨憺」でもOKです。申し訳ない。「惨淡」でもいい
ようですね。今度こそほんとです。とても寒いので、皆様、ご自愛
ください。

ら行の725

1月〇日 
 このカード、「片面に漢字」「裏面にひらがな」、という方法もあ
ります。

   ①漢字面から始める(読みを習得)
   ②ひらがな面にして裏面の漢字を書く

 「裏面の」、つまり与えられた漢字を書くわけです。が、これは
「同じ読みを持つ漢字の復習」にもなるんです。例えば、

   ことごと(く)

 この裏には「咸く」とあるわけですが、脳みそは勝手に「悉く」だ
の「儘く」だのも引っ張り出してくるのですネ。「悉皆、みなことごと
くだったよな」とか「儘はそのまま~のままだよ」とか薄らぼけてき
たものも今いちど確認がなされるっつう寸法です。少し時間はか
かりますが効果は絶大です。

ら行の724

1月〇日 
 で~「暗澹」は「暗憺」でもOKだった~。
 ②偏をとっちがえる・・・「暗澹」を「暗憺」と書いた、を、
 ②偏をとっちがえる・・・「剽悍」を「剽桿」と書いてしまった
 に訂正いたします。

 パソコンには「シャッフル機能」というのがあるそうですな。
 入力した問題をランダムに出してくれる便利なやつだそうです
が、私にはそれを作る技量がありません。
 名刺大のカードに間違えたものを抜き出し、持ち歩っておりま
す。べたべた家のそこかしこにも貼っておりまして、とにかくここか
らは漢字漬けの日々です。あの時ああしとけばよかったのに、と
いう悔いだけは残したくないですからね。

カテゴリ

漢字検定 (4619)
三国志 (24)
宮崎美子 (4)
ニーチェ (39)
オリンピック (40)
競馬 (83)
不二草紙 (1)
宮崎貴士 (4)
荒川弘 (3)
ボブ・ディラン (54)
カント (1)
ビートたけし (37)
夢野久作 (3)
ドストエフスキイ (7)
菜根譚 (16)
幸田露伴 (1)
函館 (3)
関根勤 (2)
忌野清志郎 (20)
平野啓子 (4)
サウスポー (8)
フニャフニャ (18)
ボクちゃん (28)
中原中也 (1)
ドクターTAN (3)
老化現象 (6)
いじめ (3)
水木しげる (3)
ナマハゲ (2)
吉田拓郎 (45)
トウカイテイオー (9)
未分類 (19)
Qさま (36)
大阪 (2)
橋を架けよう (13)
アイヌ文化 (1)
カ行変格活用 (5)
古今亭志ん生 (11)
ドナルド・キーン (1)
ミイちゃん (164)
屈原 (7)
ジョジョの奇妙な冒険 (15)
アンドレ・ザ・ジャイアント (9)
グリゴリ・ペレリマン (1)
となりまちの小林クン (6)
こころにたまったこと (15)
てつびん物語 (4)
熊谷守一 (5)
浜口京子 (1)
森田美由紀 (6)
島崎藤村 (2)
JAZZ (2)
群書類従 (1)
夏目漱石 (25)
あったらいいな (30)
こんなんほしい (11)
孔子 (1)
Fのコード (15)
地球温暖化 (11)
梅津正樹アナ (1)
千代の富士 (1)
天秤 (4)
ラジオ深夜便 (12)
どーん (47)
シジュウカラ (1)
酒! (31)
荒井萌ちゃん (1)
カミュさま (12)
港の見える丘 (7)
解散! (4)
キックキックトントントン (5)
レフ・トルストイ (1)
ばくばく (42)
スーパー・スター (193)
飛ばし屋 (3)
長かった~ (128)
コージー大内 (1)
ナンシー関 (2)
お散歩 (47)
師走 (9)
しろねこさん、うちのはミイちゃん (13)
こうじんきーかくで~~す(PART1より) (1)
すたこら (31)
ビートルズ (3)
お勉強 (5487)
松山ケンイチ (2)
そーなんだがね (100)
アカショウビン (1)
てんぐのへだま (6)
火急の用件 (85)
だ、だれ? (75)
泉谷しげる (3)
おんのれ~とうとうわしをおこらせやがったなあああ (32)
あ、それそれ、それなんだよ (3)
どおくまん (1)
必ず書ける「必」それはソレハである (1)
さあ、次! (42)
ああ燃えとる燃えとる (17)
吉田類 (12)
かつどん? (9)
カ~ル! (1)
石川ひとみ (3)
村上春樹 (6)
若大将 (6)
アブラカダブラ (1)
だれかが風の中で (1)
大漁 (2)
復興 (11)
ただおまえがいい (5)
江戸っ子 (6)
夕焼けトンボ (12)
ついたよ~ (11)
伊東四朗 (1)
準1級(四字熟語) (4)
円満字二郎 (10)
つづらふじ (46)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR