漢検1級ブログ ボクちゃん日記PART2(漢検一級編)

漢検準1級と1級を目指す人を応援するブログ

ら行の6134

5月〇日 
 武甲山!
 だんだんクフ王のピラミッドみたいになってきたな。

①激励により真理に近づくこと=ベンペキ(   )近裏
②夫婦仲のよいこと=鳳凰ウヒ(   )
③身分の低い役職のこと=抱関ゲキタク(   )
④人様の為に尽くすこと=摩頂ホウショウ(   )
⑤美人の形容=マンリ(   )皓歯

170530_163839.jpg

①激励により真理に近づくこと=ベンペキ(鞭辟)近裏
◆「鞭辟」=「御者が人払いをすること」
◆「外物に捕われることなく切実なことと考える」の意もアリ

②夫婦仲のよいこと=鳳凰ウヒ(于飛)
◆「鳳凰(ほうおう)于(ここ)に飛ぶ」
◆=「鴛鴦交頸(えんおうこうけい)」

③身分の低い役職のこと=抱関ゲキタク(撃柝)
◆「抱関」=「門番」
◆「撃柝」=「柝(ひょうしぎ)を撃つ」=「夜警」

④人様の為に尽くすこと=摩頂ホウショウ(放踵)
◆「頂を摩して踵(くびす)に放(いた)る」
◆「頂」=「アタマのてっぺん」

⑤美人の形容=マンリ(曼理)皓歯
◆「曼」=「ひ(く)」「ひろ(い)」「なが(い)」
◆この場合は「うつく(しい)」

ら行の6133

5月〇日 
 「花戦さ」、おもしろそうだね。キャストも豪華だ。

①苦労して働くさま=風鬟ウビン(   )
②邪臣により国に暗雲のたちこめること=浮雲エイジツ(   )
③油断は大敵であること=フクコウ(   )在側
④男女の永遠の別離=瓶墜シンセツ(   )
⑤武器はイコール凶器であること=へいは(   )凶器

170425_151725.jpg

①苦労して働くさま=風鬟ウビン(雨鬢)
◆「鬟」=「わげ」「みずら」「こしもと」 ※この場合は「わげ」
◆この組合せは比較的に覚えやすい

②邪臣により国に暗雲のたちこめること=浮雲エイジツ(翳日)
◆「翳(おお)う」 ※漢検版にはナシ
◆「翳」=「かげ(る)」「かざ(す)」「かす(む)」「くも(る)」

③油断は大敵であること=フクコウ(伏寇)在側
◆「牆(かき)に耳あり伏寇側(かたわ)らに在り」
◆「寇」=「あだ」「かたき」

④男女の永遠の別離=瓶墜シンセツ(簪折)
◆これも意味が取りにくい
◆「簪」=「あつ(まる)」「かざ(す)」「はや(い)」

⑤武器はイコール凶器であること=へいは(兵者)凶器
◆この類も出んこともないか
◆「兵は不祥の器」という表現もアリ

ら行の6132

5月〇日 
①努力に勝る才能なし=ハベツ(   )千里
②無作法なさま=跛立キザ(   )
③人望ある地方官の転任を惜しむさま=ハンエン(   )臥轍
④苦労して働くこと=篳路ランル(   )
⑤素早く揺り動かすこと=ヒョウコツ(   )震蕩

170430_125958.jpg

①努力に勝る才能なし=ハベツ(跛鼈)千里
◆「跛」=「あしなえ」 ※漢検版では「かたよ(る)」のみ
◆「跛行」=「足を引きずって歩く」

②無作法なさま=跛立キザ(箕坐)
◆「跛立(はりゅう)」
◆「箕」=「み」「ちりとり」

③人望ある地方官の転任を惜しむさま=ハンエン(攀轅)臥轍
◆「轅(ながえ)に攀(すが)りて轍(わだち)に臥す」
◆=「~扣馬(こうば)」

④苦労して働くこと=篳路ランル(藍縷)
◆「襤褸」と間違えないように
◆「困難を克服して事業を起こすこと」の意もアリ

⑤素早く揺り動かすこと=ヒョウコツ(飄忽)震蕩
◆「飄(はや)い」があたるか
◆「震盪」とも書く

ら行の6131

5月〇日 
①至るところ悪者ばかりの喩え=トキョ(   )棊処
②降伏して臣下となることを請うこと=ニクタン(   )牽羊
③人の道に外れた行為=ハイトク(   )没倫
④文章の自在巧妙なこと=ハキ(   )雲譎
⑤晩年に官職に就くこと=白髪セイシン(   )

170513_110132.jpg

①至るところ悪者ばかりの喩え=トキョ(蠹居)棊処
◆「蠹」=「きくいむし」 ※「しみ/そこ(なう)/むしば(む)」とも
◆「しみ」の熟字訓は「衣魚/紙魚/蠹魚」

②降伏して臣下となることを請うこと=ニクタン(肉袒)牽羊
◆「牽羊」=「料理人として仕える」
◆「~負荊」の意味にも注

③人の道に外れた行為=ハイトク(悖徳)没倫
◆「徳に悖(もと)り倫(みち)を没す」
◆「悖(さか)ん/(みだ)れる」とも読む

④文章の自在巧妙なこと=ハキ(波詭)雲譎
◆「詭」=「あざむ(く)」「あや(しい)」「いつわ(る)」「そむ(く)」
◆「譎」=「あや(しい)」「いつわ(る)」「とおまわ(し)」

⑤晩年に官職に就くこと=白髪セイシン(青袗)
◆これも「青」は予想できるが・・
◆「袗」=「ひとえ」「ぬいと(り)」

ら行の6130

5月〇日 
①広く天子の恩恵が行き渡るさま=チョウキ(   )累洽
②建物の造営の盛んなさま=朝成ボキ(   )
③人生の浮き沈みを表した言葉=墜茵ラクコン(   )
④軍隊の潰走するさま=轍乱キビ(   )
⑤素早いことの喩え=兎起フキョ(   )

170520_183638_20170525233657c05.jpg

①広く天子の恩恵が行き渡るさま=チョウキ(重熙)累洽
◆「熙」=「ひか(る)」
◆他に「ああ/たの(しむ)/ひろ(い)/やわ(らぐ)/よろこ(ぶ)」

②建物の造営の盛んなさま=朝成ボキ(暮毀)
◆これも意味に注
◆「暮」は出るが「毀(こぼ)つ」がどうか ※「毀」2級に変更

③人生の浮き沈みを表した言葉=墜茵ラクコン(落溷)
◆「茵」=「しきもの/しとね」
◆「溷」=「かわや」 ※「にご(る)」「みだ(れる)」とも読む

④軍隊の潰走するさま=轍乱キビ(旗靡)
◆「靡」=「おご(る)/ただ(れる)/ち(らす)/なび(く)」
◆「靡」=「はな(やか)/ほろ(びる)」

⑤素早いことの喩え=兎起フキョ(鳧挙)
◆「兎起(た)ち鳧(かも)挙がる」
◆「~鶻落」=「筆致に勢いのあるさま」

ら行の6129

5月〇日 
 日本ダービー。
 アドミラブル。負けてなお強し。
 タニノギムレット、キタサンブラック、或は牝馬ではウオツカを
髣髴とさせる。
 ジャパンカップに出てほしいネ。

①味方の軍勢を歓待すること=箪食コショウ(   )
②貧困の中で勉学に励むさま=ダンセイ(   )画粥
③役に立たない言動の喩え=談天チョウリュウ(   )
④危険を冒し大きな利益を得ることの喩え=タンリ(   )獲珠
⑤節操の気高いさま=仲連トウカイ(   )

151129_103524.jpg

①味方の軍勢を歓待すること=箪食コショウ(壺漿)
◆意味が取りにくいので要注意
◆「箪食」=「たんし」 ※「箪」は許容字体

②貧困の中で勉学に励むさま=ダンセイ(断薺)画粥
◆「薺」=「なずな/はまびし」
◆この場合は「なずな」=「ペンペングサ」=「三味線草」

③役に立たない言動の喩え=談天チョウリュウ(雕竜)
◆「天を談じて竜を雕(え/ほ)る」 ※「きざ(む)/わし」とも読む
◆「弁舌のみごとな様子」からの転

④危険を冒し大きな利益を得ることの喩え=タンリ(探驪)獲珠
◆「驪」=「驪竜」
◆「驪」=「くろ(い)/くろうま/なら(べる)」

⑤節操の気高いさま=仲連トウカイ(蹈海)
◆「仲連」は人名
◆「蹈」=「ふ(む)/あしぶみ(する)」 ※ここは「蹈み入る」の意

ら行の6128

5月〇日 
 「2.93」。
 野球は「防御率」やで、最終的には。
 秋、金やんの胴上げ、楽しみにしてるで。

①先ず隗より始めよ=エンショウ(   )築台
②公正を欠いた賞罰=僭賞ランケイ(   )
③物価安定策の一=センレン(   )貴発
④最高級の礼物の一=ソクハク(   )加璧
⑤水面がとても穏かなさま=黛蓄コウテイ(   )

160713_165215.jpg

①先ず隗より始めよ=エンショウ(燕昭)築台
◆「燕(えん)の昭王が郭隗のために築いた台(うてな)」
◆自推の弁だが隗の知略とも取れようか

②公正を欠いた賞罰=僭賞ランケイ(濫刑)
◆「僭」が1級配当 ※「おご(る)/なぞら(える)」
◆⇔「信賞必罰」

③物価安定策の一=センレン(賤斂)貴発
◆「賤に斂(おさ)め貴に発す」
◆「~貴出」ともいう

④最高級の礼物の一=ソクハク(束帛)加璧
◆「帛」=「きぬ/しろぎぬ」 ※「ぬさ」の意もアリ
◆「束錦~」ともいう

⑤水面がとても穏かなさま=黛蓄コウテイ(膏渟)
◆「渟」=「た(まる)/と(める)/とど(まる)」
◆「渟膏碧(へき)を湛(たた)う」なんというのもある

ら行の6127

5月〇日 
 武甲山!

170530_163839.jpg

 「う」
 「・・」
 「う、うん〇」
 「・・」
 「うんこ」
 「はい?」
 「漢字の、・・その、うんこの」
 「はい、うんこかん字ドリルですね、こちらです」

 しどろもどろのわたしにきっぱりと平積みされた「うんこかん字ド
リル」コーナーにご案内いただきましたくまざわ書店のTさん、ま
ことにありがとうございました。店長にもよろしく~。

①戦争の続くさま=旌旗ケンジョ(   )
②見聞の狭いことの喩え=セキタク(   )之鯢
③梅の別称=雪萼ソウハ(   )
④色街で遊ぶこと=折花ハンリュウ(   )
⑤いきなり相手にへつらいだすさま=ゼンキョ(   )後恭

170530_164434.jpg

①戦争の続くさま=旌旗ケンジョ(巻舒)
◆「舒」=「の(ばす)」 ※「ゆる(やか)」の訓もアリ
◆「旌」=「はた/あらわ(す)/ほ(める)」

②見聞の狭いことの喩え=セキタク(尺沢)之鯢
◆「鯢(げい)」のほうが1級配当 ※訓は「めくじら/さんしょううお」
◆この場合は「山椒魚」 ※一説に「メダカ」・・・なんだそれ

③梅の別称=雪萼ソウハ(霜葩)
◆「葩」=「はな/はなびら」
◆=「雪裏清香」「氷姿雪魄」 ※転じて「高潔な人物」

④色街で遊ぶこと=折花ハンリュウ(攀柳)
◆「攀」=「すが(る)/ひ(く)/よ(じる)」 ※この場合は「ひ(く)」
◆「柳巷花街」=「遊里」

⑤いきなり相手にへつらいだすさま=ゼンキョ(前倨)後恭
◆「前には倨(おご)りて後には恭し」
◆「史記(蘇秦伝)」の故事から

 棚揃えもナイスでした。

ら行の6126

5月〇日 
 「めぐみ式 漢検1級一発合格法」、拝読。
 数珠繋ぎで覚えるのは本当に効率がよいです。
 お訪ねを。

①得意然としたさま=ジョウヒ(   )疾言
②御馳走を食すこと=ジリョウ(   )歯肥
③学問所のこと=シリン(   )杏壇
④激昂するさま=シレツ(   )髪指
⑤何の役にも立たないことの喩え=塵飯トコウ(   )

170516_134149.jpg

①得意然としたさま=ジョウヒ(攘臂)疾言
◆「臂(うで/ひじ)を攘(ふ)る」⇒「発奮する」
◆「ふ(る)」が範疇外なので意味が取りにくい

②御馳走を食すこと=ジリョウ(持粱)歯肥
◆「粱(あわ)を持して肥を歯(くら)う」 ※「粱(こくもつ)」とも
◆「御馳走を食すだけの身分になること」の意もアリ

③学問所のこと=シリン(緇林)杏壇
◆「孔子遊於緇帷之林 休坐乎杏壇之上」
◆「緇」=「くろ(い)/くろぎぬ」 ※「緇衣」=「僧侶」

④激昂するさま=シレツ(眥裂)髪指
◆「眥」が出にくいか
◆=「怒髪衝天」「怒髪衝冠」

⑤何の役にも立たないことの喩え=塵飯トコウ(塗羹)
◆「塗(どろ)の羹(あつもの)」
◆「とるに足りぬもの」の意もアリ

ら行の6125

5月〇日 
 「モヤさま」、今日は小岩周辺だ。ポニー出るかな、マスカラス
覆面買ったとこ。あれつけて受付やるのが夢なんだけど、おこら
れるよな、きっと。・・でもやりたいな。
 御参加のみなさん、6月3日よろしく~。

①銘茶を称賛する言葉=詩人ゼイコツ(   )
②賢人たちが力を合わせること=衆賢ボウジョ(   )
③恐れて意気阻喪するさま=ショウシャク(   )縮栗
④とても贅沢なことの喩え=漿酒カクニク(   )
⑤根本原因を考慮しないことの愚かさ=焦頭ランガク(   )

170226_214111.jpg

①銘茶を称賛する言葉=詩人ゼイコツ(蛻骨)
◆「蛻骨」=「感性をより優れたものにする」の意
◆「蛻」=「もぬけ」「ぬけがら」

②賢人たちが力を合わせること=衆賢ボウジョ(茅茹)
◆「茅(かや)の根が連なっているさま」
◆両方とも「くさかんむり」

③恐れて意気阻喪するさま=ショウシャク(銷鑠)縮栗
◆両方とも「金偏」
◆「栗」=「おのの(く)」 ※「きび(しい)」とも読む

④とても贅沢なことの喩え=漿酒カクニク(霍肉)
◆「酒を水のように肉を豆の葉のように」から
◆「霍」は「鬼の霍乱」でも有名

⑤根本原因を考慮しないことの愚かさ=焦頭ランガク(爛額)
◆「~を上客(じょうかく)と為す」のアタマの部分
◆「曲突徙薪(きょくとつししん)」と対

ら行の6124

5月〇日 
 「このお馬さんはだれ?」

テイオー2

 というメールを戴きましたのでお応えいたしましょう。
 「トウカイテイオー」という稀代のグッド・ルッキング・ホースであ
ります。 
 この写真はもうずいぶん前、1993年のものです。北海道・二風
谷、繫養先の稲原牧場での姿。
 もう疲弊しきった感じでねえ、毛艶もよくなかった。暮れのグラ
ンプリで勝つなんて想像だに出来なかったとですよ。
 今でも多くのファンに愛されているGⅠ馬の一頭です。

①受け売りでは真理には至らないこと=コンロン(   )呑棗
②恥辱を受けること=残杯レイシャ(   )
③被害が次第に広がるさま=シコウ(   )及米
④聴力の優れたことの喩え=シコウ(   )清耳
⑤常に全力で取り組めという教訓=獅子ハクト(   )

テイオーけつ

①受け売りでは真理には至らないこと=コンロン(渾崙)呑棗
◆「崑崙」とひっかかりやすい
◆「呑棗(どんそう)」=「棗(なつめ)の実を呑み込む」

②恥辱を受けること=残杯レイシャ(冷炙)
◆「炙」=「あぶ(る)」「や(く)」 ※「した(しむ)」もアリ(親炙)
◆=「残杯冷肴(れいこう)」「残羹(こう)冷炙」

③被害が次第に広がるさま=シコウ(舐糠)及米
◆「糠(ぬか)を舐(ねぶ)りて米に及ぶ」
◆「な(める)」「ねぶ(る)」 ※送り仮名に注

④聴力の優れたことの喩え=シコウ(師曠)清耳
◆「~之聡」が大見出し ※人名
◆「清耳」を出題してもおもしろいかも

⑤常に全力で取り組めという教訓=獅子ハクト(搏兎)
◆「獅子兎を搏(う)つ」
◆「搏」=「と(る)」「つか(まえる)」 ※「はばた(く)」もアリ

ら行の6123

5月〇日 
 ・・いいレースやったねえ。目黒記念も買っちゃおっと。
 しかしもう少し果敢に攻める騎手がいてほしかったな。
 アドミラブルは今後GⅠを取れる大物だと思うよ。

①なかなか決心のつかないさま=センゼン(   )顧後
②玉に瑕の喩え=狐裘コウシュウ(   )
③大人物が時機を得て奮起すること=コショウ(   )風生
④べちゃべちゃ喋りまくるさま=鼓舌ヨウシン(   )
⑤悟りの境地に至ること=虚融タンパク(   )

151129_103524.jpg

①なかなか決心のつかないさま=センゼン(瞻前)顧後
◆「類義語」からの難問
◆「右顧左眄」など一緒に覚えよう

②玉に瑕の喩え=狐裘コウシュウ(羔袖)
◆「狐の裘(かわごろも)」と「羔(こひつじ)の袖」
◆=「白壁微瑕」「山藪蔵疾」

③大人物が時機を得て奮起すること=コショウ(虎嘯)風生
◆「虎嘯(うそぶ)いて風生(しょう)ず」
◆「~風烈」もアリ

④べちゃべちゃ喋りまくるさま=鼓舌ヨウシン(揺脣)
◆「脣(くちびる)を揺らす」
◆このように「似た意味の熟語を重ねる」ものは結構ある

⑤悟りの境地に至ること=虚融タンパク(澹泊)
◆「こゆう」の読みにも注
◆たまに「仏教関係」も出る

ら行の6122

5月〇日 
 う~ん矢張り参考にはならんな~皐月賞のデータ。
 よーいドンの状況で前残りは必然。着順だけに拘ったらイタイ
めにあいそうだ。
 ミディアム・ペースの展開になれば真のちからが試されるであ
ろう。33秒台の上がりを持つ馬に注目する。

  ◎=⑥⑫
  〇=⑪
  △=④⑱

 ⑱は比較するレースがないでな、一応おさえとこう。え?おま
えは柏木集保かってか。そうだにゃ~3時までは四字熟語やっと
くかにゃ~ミイちゃんや。

ら行の6121

5月〇日 
 「日刊競馬」。
 美登坂下のコンビニで買ってきた。

テイオー2

 ・・レイデオロなあ。

テイオー顔UP2

 たしかにアヤシイ。
 前走「皐月賞」5着といえど、

  ◇1分58秒2(0.4秒差)
  ◇スロー・ペース
  ◇上がり3ハロン=34.0
  ◇16番手から覆面パトカー並みの猛追

テイオー顔UP2

 「日本ダービー」。
 スローの展開はなかろう。さすると、

  ◇キングカメハメハ産駒
  ◇鞍上=ルメール

 の好条件も加味して、⑫は要注意と言えよう。
 ひでまろ師匠、ナイスな情報をありがとうございました~。

テイオー2

テイオー顔UP2

テイオー顔UP2

テイオー顔UP2

ら行の6120

5月〇日 
①身の程知らず=ケンロ(   )之技
②詩文の美しい調べの喩え=コウキン(   )撃石
③やつれきった顔の表情=槁項コウカク(   )
④高貴な人物=高車シバ(   )
⑤わけのわからない自称知識人=コウブン(   )嚼字

160713_165215.jpg

①身の程知らず=ケンロ(黔驢)之技
◆「黔洲の驢馬」
◆「猛虎満腹」に同じトラトラトラトララララアアア~しんたろ~あ
にやってんだああああああああああ~はよう這い上がってこんか
いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!

②詩文の美しい調べの喩え=コウキン(敲金)撃石
◆「石」はこの場合「磬(けい)の一」(「磬折」で有名)
◆=「敲金戛玉(かつぎょく)」「吹竹弾糸」

③やつれきった顔の表情=槁項コウカク(黄馘)
◆「槁(か)れた項(うなじ)」と「黄ばんだ馘(くび)」
◆「槁」に対して「黄」なので「項」の位置には「馘」

④高貴な人物=高車シバ(駟馬)
◆「駟馬」=「四頭立ての馬車」
◆「転じて」でよくあるパターン

⑤わけのわからない自称知識人=コウブン(咬文)嚼字
◆「中身のない文章」「ぐずぐずぐずぐず言うさま」の意もアリ
◆「彫虫篆刻(ちょうちゅうてんこく)」も必修

160712_123109.jpg

 明日のダービーも勝ちたいんや~阪神はもう勝つけんど~。

ら行の6119

5月〇日 
①粗末な衣服の喩え=ケイサイ(   )布裙
②素晴らしい詩文の形容=ケイシ(   )栴檀
③情欲をギリの所で断ち切ること=懸崖ロクバ(   )
④大らかなさま=阮簡コウタツ(   )
⑤鬼気迫る筆の勢いの喩え=剣抜ドチョウ(   )

170525_154236.jpg

①粗末な衣服の喩え=ケイサイ(荊釵)布裙
◆「荊の釵(かんざし)」と「布の裙(もすそ)」
◆転じて「女性の慎ましやかなさま」

②素晴らしい詩文の形容=ケイシ(瓊枝)栴檀
◆「瓊(うつく)しい枝」
◆「有徳の人物」の喩えにも使う

③情欲をギリの所で断ち切ること=懸崖ロクバ(勒馬)
◆「馬を勒(おさ)う」
◆「弥勒菩薩」で有名

④細事に拘らない人柄=阮簡コウタツ(曠達)
◆「阮簡(げんかん)」=竹林の七賢の一
◆それにしてもおおらかすぎるで・・・盛親僧都に匹敵するか

⑤鬼気迫る筆の勢いの喩え=剣抜ドチョウ(弩張)
◆「弩」=「おおゆみ/いしゆみ」
◆「緊迫した情勢」の意もアリ

ら行の6118

5月〇日 
①近くの青鳥を遠くに探す愚かさの喩え=騎驢ベキロ(   )
②贅沢の限りを尽くすさま=金塊シュレキ(   )
③勇気のない行為を辱めること=キンカク(   )之贈
④逆臣の家の喩え=荊棘ソウリ(   )
⑤物価高の土地で苦労すること=ケイギョク(      )之艱

170525_154236.jpg

①近くの青鳥を遠くに探す愚かさの喩え=騎驢ベキロ(覓驢)
◆「驢」がだぶるがこのバージョンも稀に出る
◆「覓」=「もと(める)」

②贅沢の限りを尽くすさま=金塊シュレキ(珠礫)
◆「珠をば礫(こいし)の如くす」るから
◆=「鼎鐺玉石」

③勇気のない行為を辱めること=キンカク(巾幗)之贈
◆「幗」=「かみかざ(り)」 ※転じて「女性」
◆=「亮遺巾幗」 ※「諸葛亮が遺(おく)った」から

④逆臣の家の喩え=荊棘ソウリ(叢裏)
◆「荊棘」のほうが1級配当
◆「荊(いばら/むち)」/「棘(おどろ/いばら/とげ/ほこ)

⑤物価高の土地で苦労すること=ケイギョク(桂玉)之艱
◆これも「艱」が1級 ※「艱難(かんなん)」
◆=「都門桂玉」「食玉炊桂」

ら行の6117

5月〇日 
①みすぼらしい家の形容=カント(   )蕭然
②数珠繋がり状態で進むさま=カンビ(   )相随
③感化を受け情況が好転すること=頑廉ダリツ(   )
④老いて剛直さの増すさま=キョウケイ(   )之性
⑤根拠もなく有りえない物をつくること=キョウヘキ(   )虚造

170525_154236.jpg

①みすぼらしい家の形容=カント(環堵)蕭然
◆「蕭然(しょうぜん)」で出されることが多い
◆「~風日(ふうじつ)を蔽わず」(陶淵明)

②数珠繋がり状態で進むさま=カンビ(銜尾)相随
◆「尾を銜(くわ)える」 ※他に「ふく(む)/くつわ/くらい」
◆「銜尾(がんび)」とも読む

③感化を受け情況が好転すること=頑廉ダリツ(懦立)
◆「伯夷の風を聞く者は頑夫も廉に懦夫も志を立つる有り」から
◆「伯夷」は人名

④剛直な性格の変わらぬ喩え=キョウケイ(薑桂)之性
◆「薑」=「しょうが/はじかみ」「桂」=「肉桂(にっけい)」
◆「生まれつきの性格はなかなか変えられないこと」の意もアリ

⑤根拠もなく有りえない物をつくること=キョウヘキ(嚮壁)虚造
◆これも故事を読まぬと意味が取りにくい
◆「嚮」は許容字体

ら行の6116

5月〇日 
①物事の前兆のこと=磑風ショウウ(   )
②約束を守り信頼を得ること=カカイ(   )之盟
③目新しいものを好むことへの嘆き=家鶏ヤチ(   )
④名文を味わい心に銘記すること=含英ショカ(   )
⑤音の大きいことの喩え=カンテン(   )動地

170525_154236.jpg

①物事の前兆のこと=磑風ショウウ(舂雨)
◆「磑(ガイ)」=「うす/いしうす/ひきうす」
◆「羽蟻がひきうすのようにぐるんぐるん飛びまわると風が吹き、
杵でうすをつくように上へ下へと飛ぶと雨になる」っつういわれか
ら、転じて「前兆」・・・・・わかるわけない

②約束を守り信頼を得ること=カカイ(柯会)之盟
◆「柯会」=地名/「之」バージョン・・だが
◆こういうのも今後は注かも

③目新しいものを好むことへの嘆き=家鶏ヤチ(野雉)
◆「かけい」も意外に出にくいかナ
◆「~野鶩(やぼく)」も注

④名文を味わい心に銘記すること=含英ショカ(咀華)
◆「咀(しょ)」に注 ※「あじ(わう)/か(む)/くら(う)」
◆=「咀嚼英華」

⑤音の大きいことの喩え=カンテン(撼天)動地
◆「撼」手偏に注
◆「活躍の目覚しいさま」の意もアリ

ら行の6115

5月〇日 
①人類の喩え=円顱ホウシ(   )
②規則を曲解し私利に走ること=オウホウ(   )徇私
③見識の狭いことの喩え=甕裡ケイケイ(   )
④屋根瓦と敷き瓦のこと=蓋瓦キュウセン(   )
⑤前例のない大事の喩え=開天ヘキチ(   )

170525_154236.jpg

①人類の喩え=円顱ホウシ(方趾)
◆「趾(あし/あと/ねもと)」が出にくいか
◆「顱」=「あたま/かしら/こうべ/どくろ」(頭顱)

②規則を曲解し私利に走ること=オウホウ(枉法)徇私
◆「法を枉(ま)げて私に徇(したが)う」
◆「徇(とな)える」でよく出る ※「めぐ(る)」とも読む

③見識の狭いことの喩え=甕裡ケイケイ(醯鶏)
◆「醯(す)にいる鶏」で覚えると順番を間違えない
◆「醯醢(けいかい)に警戒」でも可

④屋根瓦と敷き瓦のこと=蓋瓦キュウセン(級甎)
◆「級」が浮かびにくいか
◆こういうあまり意味のないのもタマニ出る

⑤前例のない大事の喩え=開天ヘキチ(闢地)
◆「天地の始まり」から
◆「闢」は「開闢(かいびゃく)」で有名

ら行の6114

5月〇日 

170527_085638.jpg

 最近、一発で画面が出ることが多くなった。
 慣れてきたのかな。

①鳥獣が子を産み育てること=オウフウ(   )孕鬻
②修行僧が諸国を行脚すること=雲遊ヘイキ(   )
③諸侯となりうる人相=燕頷コケイ(   )
④人の訪問を待ちわびるさま=ギョウシュ(   )企足
⑤質の良い金=閻浮ダゴン(   )

170525_151724.jpg

①鳥獣が子を産み育てること=オウフウ(嫗伏)孕鬻
◆「うふう」でも出される
◆「伏(ふう)」の読みにも注

②修行僧が諸国を行脚すること=雲遊ヘイキ(萍寄)
◆「また」以下の説明にも注
◆「萍(うきくさ)」 ※「よもぎ」の意もアリ

③諸侯となりうる人相=燕頷コケイ(虎頸)
◆「長頸烏喙」=「残忍そうな人相」と間違わないように
◆「~投筆」の意味にも注

④人の訪問を待ちわびるさま=ギョウシュ(翹首)企足
◆「延頸~」の「類義語」にアリ
◆「企」=「つまだってわくわくしながら待つ」

⑤質の良い金=閻浮ダゴン(檀金)
◆「閻浮提(えんぶだい)」にある「閻浮樹」の略
◆「檀(だ)」に注

ら行の6113

5月〇日 
 (三)(七)(八)で更に「-2~4」ということも考えられる。
 対策としては、(四)以外に得意分野を増やすことだろう。

  ①(一/音)⇒18点 《18+8=26》 
  ②(二)⇒36点 《大見出し語を徹底的に》
  ③(六)⇒10点 《厳しいが頑張る》

 基本問題を取りこぼさない、ムダな失点を最小限に抑える。
 これも大事。・・・え?なんでそんなに真剣なのかって?
 オレももう落ちたくないんだよォ~碧水会でおっこったリピータ
ーってオレだけなんだよおお~みんなで一緒に受かろうよ~。

170525_151346_20170525233834440.jpg

ら行の6112

5月〇日 
 (四)。
 「26点」。
 ここがデッド・ラインか、やはり、なんだかんだいっても。
 加点できる所が少なくなってきてるんだよね、以前に較べて。

(一)=25(+1)
(二)=34(+2)
(三)=06(-2)
(四)=26(+2)
(五)=07(-1)
(六)=09(+1)
(七)=14(-2)
(八)=14(-2)
(九)=25(+1)

 これで「160」。
 やはり(四)の「24」は致命傷と成り得る。
 要注意のものを最後に。
 ページ順になりますので「チェック用」としてお使いください。
 とりあえずフロ~。

ら行の6111

5月〇日 
①人生の儚いことの喩え=夢幻ホウヨウ(   )
②出処進退を弁えたさま=用行シャゾウ(   )
③人は共に仲良くすべきであるという教え=用和イキ(   )
④才人を扱うことの困難さの喩え=リョウキュウ(   )難張
⑤世の移り変わりの激しいさま=陵谷センボウ(   )

170513_110132.jpg

①人生の儚いことの喩え=夢幻ホウヨウ(泡影)
②出処進退を弁えたさま=用行シャゾウ(舎蔵)
③人は共に仲良くすべきであるという教え=用和イキ(為貴)
④才人を扱うことの困難さの喩え=リョウキュウ(良弓)難張
⑤世の移り変わりの激しいさま=陵谷センボウ(遷貿)

ら行の6110

5月〇日 
①衆人の考えがひとつになることの喩え=百川キカイ(   )
②射撃の技量の優れたさまの喩え=百歩センヨウ(   )
③謙虚な人物のこと=馮異タイジュ(   ) 
④くどくど話すさま=ベイエン(   )博弁
⑤火に油を注ぐ失態=ホウシン(   )救火

170513_110132.jpg

①衆人の考えがひとつになることの喩え=百川キカイ(帰海)
②射撃の技量の優れたさまの喩え=百歩センヨウ(穿楊)
③謙虚な人物のこと=馮異タイジュ(大樹) ※「馮異」は人名
④くどくど話すさま=ベイエン(米塩)博弁
⑤火に油を注ぐ失態=ホウシン(抱薪)救火

ら行の6109

5月〇日 
①まったく役に立たないさま=ハイスイ(   )車薪
②老年まで勉学に励むこと=ハクシュ(   )窮経
③豊作の兆し=麦穂リョウキ(   )
④完全武装をすること=被堅シツエイ(   )
⑤まるで融通のきかないさま=ホウチュウ(   )之信

170513_110132.jpg

①まったく役に立たないさま=ハイスイ(杯水)車薪
②老年まで勉学に励むこと=ハクシュ(白首)窮経
③豊作の兆し=麦穂リョウキ(両岐)
④完全武装をすること=被堅シツエイ(執鋭)
⑤まるで融通のきかないさま=ホウチュウ(抱柱)之信

ら行の6108

5月〇日 
①受け売りの知識=道聴トセツ(   )
②見向きもされないものの喩え=道傍クリ(   )
③亡き友を哀悼すること=斗酒セキケイ(   )
④小さなものから大きな利益をはかること=トンテイ(   )穣田
⑤戦争を止め農業に勤しむこと=売剣バイギュウ(   )

170513_110132.jpg

①受け売りに知識=道聴トセツ(塗説)
②見向きもされないものの喩え=道傍クリ(苦李)
③亡き友を哀悼すること=斗酒セキケイ(隻鶏)
④小さなものから大きな利益をはかること=トンテイ(豚蹄)穣田
⑤戦争を止め農業に勤しむこと=売剣バイギュウ(買牛)

ら行の6107

5月〇日 
①書画に親しむさま=朝観セキラン(   )
②苦境から抜け出すこと=チョウケン(   )天日
③両親が共に健在なこと=チンケン(   )並茂
④官のトップに行くほど危険は伴うこと=天門トウハチ(   )
⑤堅牢な守りの喩え=トウチ(   )鉄城

170513_110132.jpg

①書画に親しむさま=朝観セキラン(夕覧)
②苦境から抜け出すこと=チョウケン(重見)天日
③両親が共に健在なこと=チンケン(椿萱)並茂
④官のトップに行くほど危険は伴うこと=天門トウハチ(登八)
⑤堅牢な守りの喩え=トウチ(湯池)鉄城

ら行の6106

5月〇日 
①欲深な者は痛い目に会うという戒め=多蔵コウボウ(   )
②抜粋して使用すること=断章シュイ(   ) 
③潔癖な態度=端木ジキン(   ) 
④盛大な宴会を催すこと=チシュ(   )高会
⑤才知に長けたさま=長安ニッペン(   )

170513_110132.jpg

①欲深な者は痛い目に会うという戒め=多蔵コウボウ(厚亡)
②抜粋して使用すること=断章シュイ(取意) ※=「取義」
③潔癖な態度=端木ジキン(辞金) ※「端木」は人名
④盛大な宴会を催すこと=チシュ(置酒)高会
⑤才知に長けたさま=長安ニッペン(日辺)

ら行の6105

5月〇日 
①無理なこと=タイボン(   )望天
②選択に迷うことの喩え=多岐ボウヨウ(   )
③幼君を補佐すること=タクコ(   )寄命
④口は禍の元=多言スウキュウ(   )
⑤余計なことをして災難を招くこと=ダソウ(   )驚蛇

170513_110132.jpg

①無理なこと=タイボン(戴盆)望天
②選択に迷うことの喩え=多岐ボウヨウ(亡羊)
③幼君を補佐すること=タクコ(託孤)寄命
④口は禍の元=多言スウキュウ(数窮)
⑤余計なことをして災難を招くこと=ダソウ(打草)驚蛇

カテゴリ

漢字検定 (4619)
三国志 (23)
宮崎美子 (4)
ニーチェ (39)
オリンピック (40)
競馬 (83)
不二草紙 (1)
宮崎貴士 (4)
荒川弘 (3)
ボブ・ディラン (54)
カント (1)
ビートたけし (37)
夢野久作 (3)
ドストエフスキイ (7)
菜根譚 (10)
幸田露伴 (1)
函館 (3)
関根勤 (2)
忌野清志郎 (18)
平野啓子 (4)
サウスポー (8)
フニャフニャ (18)
ボクちゃん (23)
中原中也 (1)
ドクターTAN (3)
老化現象 (6)
いじめ (3)
水木しげる (3)
ナマハゲ (2)
吉田拓郎 (43)
トウカイテイオー (9)
未分類 (19)
Qさま (36)
大阪 (2)
橋を架けよう (12)
アイヌ文化 (1)
カ行変格活用 (5)
古今亭志ん生 (11)
ドナルド・キーン (1)
ミイちゃん (163)
屈原 (7)
ジョジョの奇妙な冒険 (15)
アンドレ・ザ・ジャイアント (9)
グリゴリ・ペレリマン (1)
となりまちの小林クン (6)
こころにたまったこと (15)
てつびん物語 (4)
熊谷守一 (5)
浜口京子 (1)
森田美由紀 (6)
島崎藤村 (2)
JAZZ (2)
群書類従 (1)
夏目漱石 (25)
あったらいいな (29)
こんなんほしい (11)
孔子 (1)
Fのコード (15)
地球温暖化 (11)
梅津正樹アナ (1)
千代の富士 (1)
天秤 (4)
ラジオ深夜便 (12)
どーん (46)
シジュウカラ (1)
酒! (31)
荒井萌ちゃん (1)
カミュさま (12)
港の見える丘 (6)
解散! (3)
キックキックトントントン (5)
レフ・トルストイ (1)
ばくばく (42)
スーパー・スター (189)
飛ばし屋 (3)
長かった~ (125)
コージー大内 (1)
ナンシー関 (2)
お散歩 (47)
師走 (9)
しろねこさん、うちのはミイちゃん (13)
こうじんきーかくで~~す(PART1より) (1)
すたこら (31)
ビートルズ (3)
お勉強 (5375)
松山ケンイチ (2)
そーなんだがね (99)
アカショウビン (1)
てんぐのへだま (6)
火急の用件 (84)
だ、だれ? (71)
泉谷しげる (3)
おんのれ~とうとうわしをおこらせやがったなあああ (31)
あ、それそれ、それなんだよ (3)
どおくまん (1)
必ず書ける「必」それはソレハである (1)
さあ、次! (42)
ああ燃えとる燃えとる (16)
吉田類 (12)
かつどん? (9)
カ~ル! (1)
石川ひとみ (3)
村上春樹 (6)
若大将 (6)
アブラカダブラ (1)
だれかが風の中で (1)
大漁 (2)
復興 (10)
ただおまえがいい (4)
江戸っ子 (6)
夕焼けトンボ (12)
ついたよ~ (11)
伊東四朗 (1)
準1級(四字熟語) (4)
円満字二郎 (10)
つづらふじ (46)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR