FC2ブログ

漢検1級ブログ ボクちゃん日記PART2(漢検一級編)

漢検準1級と1級を目指す人を応援するブログ

ら行の10759

10月〇日 
 ・・さて、坂下のベルクにでも買い物に行ってくるとするか。

ら行の10758

10月〇日 
 ・・!
 これはどうだべんちゃん。

◆伏鶏リ(  )を搏つ

 碧水会もいいがはにぽんもいいぞ。人数すくないし。
 空気もうまいぞ。

KIMG0308 (1)

ら行の10757

10月〇日 
 こういう、問題を出してわかったらいいねを押っぺしてね、という
のは勇気いるよな。だれもきない、となったらどうすんべかな、な
んて考えちゃうものな。

①茘(     )はユリ科の多年草である(一/訓) 
②食後にレイシ(   )を食べるアンドレ・ザ・ジャイアント(二)
③怜悧(    ) 悧(   )しい(六) 
④浬(    )は船舶の速度の単位である(一/訓)
⑤伏鶏リ(  )を搏つ(八)

KIMG0308 (1)

①茘(おおにら)はユリ科の多年草である(一/訓) ※=「薤」
②食後にレイシ(茘枝)を食べるアンドレ・ザ・ジャイアント(二)
③怜悧(れいり) 悧(さか)しい(六) ※「かしこ(い)」はナシ
④浬(ノット)は船舶の速度の単位である(一/訓)
⑤伏鶏リ(狸)を搏つ(八)

ら行の10756

10月〇日 
 夕餉。とにかく飯がうまい。おちゃわんからドンブリに変える。
 秋刀魚の塩焼きに冬瓜のとろみスープ。
 とてもヘルシー。

ら行の10755

10月〇日 
 ひ~いきなりミミちゃんからいいね来た~。

ら行の10754

10月〇日 
 ちょっとツイートしてみっかな。
 では問題です。(  )に漢字一字を入れてください。

◆瓜田之リ(  )

 べんちゃん、わかったら「いいね」をお願いね

KIMG0088.jpg

ら行の10753

10月〇日 
 「瓜田之履」。これウッカリ「李」にしちゃいそうだにゃ。

①李下にケイケイ(   )無し(八)
②里斯本(     )(五)
③鄙歌=リヨウ(   )(七) 
④俚言(    ) 俚(   )しい(六) 
⑤怜俐(    ) 俐(    )い(六) 

KIMG0570.jpg

①李下にケイケイ(蹊径)無し(八)
②里斯本(リスボン)(五)
③鄙歌=リヨウ(里謡)(七) ※=「俚謡」
④俚言(りげん) 俚(いや)しい(六) ※「ひな」もアリ
⑤怜俐(れいり) 俐(かしこ)い(六) ※「さか(しい)」とも読む

ら行の10752

10月〇日 
①リト(   )は李朝期まで使われた表記法だ(二) 
②利器(   ) 利(    )い(六)
③リコン(   )却って愚痴になる(八)
④利点(    ) 利(  )い(六)
⑤利を争うことソウコウ(   )の如くにしてその掌を失う(八)

KIMG0546.jpg

①リト(吏道)は李朝期まで使われた表記法だ(二) ※「吏読」
②利器(りき) 利(するど)い(六)
③リコン(利根)却って愚痴になる(八)
④利点(りてん) 利(よ)い(六)
⑤利を争うことソウコウ(蚤甲)の如くにしてその掌を失う(八)

ら行の10751

10月〇日 
 「ま行の47(2014/06/18)」。(四)常用対策。割と狙いはよし。

一敗塗地(いっぱいとち) ※「肝脳塗地」もある
衣履弊穿(いりへいせん)
飲灰洗胃(いんかいせんい)
運斤成風(うんきんせいふう)
怨女曠夫(えんじょこうふ)
温良恭倹(おんりょうきょうけん)
革故鼎新(かくこていしん)
冠履倒易(かんりとうえき) ※なんかよく出る
疑事無功(ぎじむこう)
胸中成竹(きょうちゅうせいちく)
挙棋不定(きょきふてい)
金亀換酒(きんきかんしゅ)
孤寡不穀(こかふこく)
孤苦零丁(こくれいてい)
虎尾春氷(こびしゅんぴょう)
三舎退避(さんしゃたいひ)
刺字漫滅(しじまんめつ)
車載斗量(しゃさいとりょう)
射石飲羽(せきせきいんう) ※「しゃせき」でもOK
株連蔓引(しゅれんまんいん)
常山蛇勢(じょうざんのだせい)
笑比河清(しょうひかせい)
斉紫敗素(せいしはいそ)
絶巧棄利(ぜっこうきり)
弾丸黒子(だんがんこくし) ※「黒痣」でももちのろんOK
梅妻鶴子(ばいさいかくし)
白水真人(はくすいしんじん) ※銭のこと
反首抜舎(はんしゅばっしゃ)
被褐懐玉(ひかつかいぎょく)
被堅執鋭(ひけんしつえい)
米塩博弁(べいえんはくべん)
陽関三畳(ようかんさんじょう)
乱雑無章(らんざつむしょう)
緑林白波(りょくりんはくは) ※=盗賊


KIMG0179.jpg

ら行の10750

10月〇日 
【ら】
腕ヒシ(拉)ぎ十字固めを極めるジャック・ブリスコ(二)
拉麺(ラーメン)(五) ※=「老麺」
拉薩(ラサ)(五)
拉殺(らさつ) 拉(くじ)く(六) ※「ろうさつ」とも読む
拉致(らち) 拉(ひ)く(六) ※「らっち」とも読む
拉丁(ラテン)(五) ※=「羅甸」
トテモ容易いこと=ロウキュウ(拉朽)(三) ※=「拉枯」
裸足(はだし)(五)
跣足(はだし)(五) ※=「跣」
螺旋(ねじ)(五) ※=「螺子」「捩子」「捻子」
タニシ(田螺)を食べるタモリ(二) ※「螺」=「つぶ」「にな」
螺尻(ばいじり)(五)
ラホツ(螺髪)の美しい仏像を観るミル・マスカラス(二)
螺(ほらがい)を吹くドス・カラス(一/訓) ※=「法螺貝」
羅漢柏(あすなろ)(五) ※=「翌檜」
羅漢松(いぬまき)(五)
羅宇(らお)(五) ※「らう」とも読む
ラキセンバコ(羅綺千箱)一暖に過ぎず(八)
洋妾=ラシャメン(羅紗綿)(七)
普及=ラフ(羅布)(七) ※「羅」=「つら(なる)」
ラモウ(羅網)の鳥は高く飛ばざるを恨む(八)
ドンコウ(呑鉤)の魚は飢えを忍ばざるを歎く(八)
羅馬尼亜(ルーマニア)(五)
僂麻質斯(リウマチ)(五)
羅馬(ローマ)(五)
羅府(ロサンゼルス)(五)
キラ(綺羅)を張る(八) ※「羅」=「うすぎぬ」
騾(ラバ)に乗る上田馬之助(一/訓)
騾馬(ラバ)から降りるタイガー・ジェット・シン(一/音)
凡夫=ラロ(騾驢)(七)
蘿蔔(すずしろ)(五) ※=「清白」
胡蘿蔔(にんじん)(五)
山蘿蔔(まつむしそう)(五)
心太=ラフク(蘿蔔)(七) ※「こころぶと」
蘿(つのよもぎ)はキク科の多年草である(一/訓) ※=「莪」
泥胡菜(きつねあざみ)(五) ※=「莪」
人材育成=セイガ(菁莪)(七) ※=「菁菁者莪」
兎糸ジョラ(女蘿)に付く(八)
邏卒(らそつ) 邏(みまわ)る(六) ※「めぐ(る)」は必修
邏斎=キッカイ(乞丐)(七) ※「ろさい」/「托鉢」の意もアリ
ドラ(銅鑼)が鳴って船が出た(二) ※=「鑼」「錚」「鐃」
王が来臨!これがほんとのオウガ(枉駕)来臨(二)
萊草(しば)(五)
アカザ(萊)の杖を探す仙人(二) ※「藜」も正解
雑草の茂った荒地=ライブ(萊蕪)(三) ※「萊」=「あれち」
雷魚(はたはた)(五) 
燭魚(はたはた)(五)
堅い友情=ライチン(雷陳)膠漆(四) ※「「雷義」+「陳重」
威力の強大なさま=雷霆バンキン(万鈞)(四)
ホノイカズチ(火雷)は火の神である(二)
積年の不満=ライカイ(磊塊)(三)
彼は豪放ライラク(磊落)を画に描いたような男だった(二)
賚与(らいよ) 賚(たま)う(六) ※「たまもの」とも読む
擂鼓(らいこ) 擂(う)つ(六)
擂盆(らいぼん) 擂(す)る(六) ※「みが(く)」とも読む
桔梗の花がツボ(蕾)んできた(二) ※名詞は「つぼみ」
頼母子講=ムジン(無尽)(七)
儡身(らいしん) 儡(つか)れる(六)
傀儡(くぐつ)(五) ※=「傀」「儡」/「傀」=「でく」
黒幕=カイライシ(傀儡師)(七)
藾(くさよもぎ)はキク科の薬用植物である(一/訓)
ハンセン病はかつてライビョウ(癩病)と呼ばれた(二)
酒樽=ライオウ(罍罌)(七) ※「罍」=「さかだる」
五条大橋に籟の籟(ひび)きがこだました(一/訓) ※「ふえ」
京の洛(みやこ)を訪ね歩くミヤコ蝶々(一/訓)
洛誦(らくしょう) 洛(つら)なる(六) 
洛陽フカク(負郭)の田(八)
烙印(らくいん) 烙(や)く(六)
絡新婦(じょろうぐも)(五)
絡繹(らくえき) 絡(つな)ぐ(六)
籠絡(ろうらく) 絡(まと)う(六)
落霜紅(うめもどき)(五)
落人(おちゅうど)(五)
落葉松(からまつ)(五)
落葵(つるむらさき)(五)
久蔵はとうとう高尾太夫をヒカ(落籍)した(二)
はなびらがヒラヒラと散るさま=落英ヒンプン(繽紛)(四)
セイ(穽)に落ちて石を下す(八)
落飾=シュクハツ(祝髪)(七)
零落=ラクハク(落魄)(七)
女性への乱暴なふるまい=落花ロウゼキ(狼藉)(四)
色紙にラクセイカンシ(落成款識)を押印する(二)
仄日=ラッキ(落暉)(七)
実家で牛の酪(ちちしる)を搾る荒川弘(一/訓)
ツァラトゥストラは犖(まだらうし)という町に着いた(一/訓)
犖犖(らくらく) 犖(あき)らか(六)
卓犖(たくらく) 犖(すぐ)れる(六)
絡繹(らくえき) 繹(つら)なる(六) ※=「絡駅」
駱(かわらげ)は尾と鬣だけは黒い白馬のことである(一/訓)
御宿の浜辺を駱(らくだ)に乗って進む加藤まさを(一/訓)
ラチ(埒)が明かぬ(八)
剌謬(らつびゅう) 剌(もと)る(六) ※「そむ(く)」とも読む
ラッパ(喇叭)を吹く(八)
喇嘛教(らまきょう)(五)
元気ハツラツ(潑溂)の大村崑(二) ※=「潑剌」
辣油(らーゆ) 辣(から)い(六) ※熟字訓かな?
カレーにラッキョウ(辣韮)(二) ※=「薤」
辛辣(しんらつ) 辣(むご)い(六) ※「きび(しい)」とも読む
蝲蛄(ざりがに)(五)
風がフブ(乱吹)く雲取山山頂(二)
乱波(らっぱ)(五)
無茶苦茶なさま=羅利コハイ(骨灰)(四) ※=「乱離~」
卵を見てジヤ(時夜)を求む(八)
蘭塔=サンマイバ(三昧場)(七) ※=「卵塔」
貪婪(たんらん) 婪(むさぼ)る(六) ※「どんらん」でも可
カンザケ(燗酒)の欲しい季節になった(二) ※音は「らん」
冬瓜を燗(に)るアンドレ・ザ・ジャイアント(一/訓)
古を顧み新しい事柄を探ること=覧古コウシン(考新)(四)
滂沱=ランカン(闌干)(七)
深更=ランセキ(闌夕)(七) ※「闌(た)ける/(たけなわ)」
濫竽充数=ランスイ(濫吹)(七) ※「南郭~」
濫觴(らんしょう) 濫(う)かべる(六)
濫觴=ケンヨ(権輿)(七)
藍菊(えぞぎく)(五)
青緑=ランペキ(藍碧)(七)
懶困(らんこん) 懶(ものう)い(六) ※「女偏」も同意
懶惰(らんだ) 懶(おこた)る(六) ※「ものぐさ(い)」とも 
蘭(あららぎ)は野蒜の古名だ(一/訓) ※「イチイ」の意も
蘭草(ふじばかま)(五) ※=「蘭」
ランガイ(蘭艾)同に焚く(八) ※「同(とも)に」
蘭摧玉折⇔ショウフガイエイ(蕭敷艾栄)(七)
ランジャ(蘭麝)の室に入るが如し(八)
襤褸(ぼろ)(五) ※=「襤」「褸」
弊衣=ランル(襤褸)(七) ※「襤」=「つづれ」
楼上のオバシマ(欄)に干したる敷布(二)
波瀾(はらん) 瀾(なみだ)つ(六)
網代輿を一字で書くと(籃)(二) ※「かご」は必修
熱中し過ぎて時を忘れること=ランカ(爛柯)(三)
烏鷺=ランカ(爛柯)(七)
爛熟(らんじゅく) 爛(ただ)れる(二)
爛漫(らんまん) 爛(あざ)やか(二) ※「に(る)」もアリ
山谷=ランガク(巒壑)(七) ※「巒」=「みね」「やまなみ」
これは襴(ひとえ)の着物だな(一/訓)
団欒(だんらん) 欒(まる)い(六) ※「まど(か)」とも読む
月光=ダンラン(団欒)(七)
攬筆(らんぴつ) 攬(と)る(六)
味方として引き入れること=エンラン(延攬)(三)
総攬(そうらん) 攬(す)べる(六)
ウオノホネヌキ=カンラン(橄欖)(三)
出帆=カイラン(解纜)(七) ※「纜」=「ともづな」
天子=ランヨ(鑾輿)(七) ※「鑾」=「すず」=「鈴」
車駕=タイジョウ(太上)(七)
冕旒=バンジョウ(万乗)(七)
天子のお出掛け=メイラン(鳴鑾)(三) ※=「鳴鸞」
優れた人物の集まるさま=ランショウ(鸞翔)鳳集(四)

ら行の10749

10月〇日 
 思い出した。
 「匹如身」は大見出しやど(` 皿 ´)。
 落としたらあかんがな。

◆単己(     )

KIMG0607.jpg

◆単己(するすみ) ※「するつみ」とも読む

 「表記」に書いてありまんがな(` 皿 ´)。
 ここはきちんとやってね

ら行の10748

10月〇日 
④天子のお出掛け=メイラン(鳴鑾)(三) ※=「鳴鸞」

 これは「大見出し」にはありませんな。
 「下つき」の熟語。例によって何の説明もありません。
 他の漢和辞典に頼りましょう。

   ①天子の駕(のりもの)に付けられた鑾/鸞(すず)
   ②天子の駕
   ③天子が駕で出掛けること

 ②③は所謂「転じて」てえやつ。これが厄介。
 「意味」「下つき」についてはこちらでアップしていきますので、
今度こその方は大見出しを徹底してくださいね

ら行の10747

10月〇日 
 「蘭亭殉葬」。こんなのも今後は注意しておかなくちゃかもネ。
 「ら」終了~「り」に入りますが「ら行」のまま続けますえ。1632ま
でのミニ問題が済んだら「辞典編/り」に戻ります。そこから「り行」
となりま~すようわからんけどそういうこってすぅ~。

ら行の10746

10月〇日 
①天子=ランヨ(   )(七) 
②車駕=タイジョウ(   )(七)
③冕旒=バンジョウ(   )(七)
④天子のお出掛け=メイラン(   )(三) 
⑤優れた人物の集まるさま=ランショウ(   )鳳集(四)

DSC_0009 (1)

①天子=ランヨ(鑾輿)(七) ※「鑾」=「すず」=「鈴」
②車駕=タイジョウ(太上)(七)
③冕旒=バンジョウ(万乗)(七)
④天子のお出掛け=メイラン(鳴鑾)(三) ※=「鳴鸞」
⑤優れた人物の集まるさま=ランショウ(鸞翔)鳳集(四)

ら行の10745

10月〇日 
①攬筆(     ) 攬(  )る(六)
②味方として引き入れること=エンラン(   )(三)
③総攬(     ) 攬(  )べる(六)
④ウオノホネヌキ=カンラン(   )(三)
⑤出帆=カイラン(   )(七) 

KIMG0546.jpg

①攬筆(らんぴつ) 攬(と)る(六)
②味方として引き入れること=エンラン(延攬)(三)
③総攬(そうらん) 攬(す)べる(六)
④ウオノホネヌキ=カンラン(橄欖)(三)
⑤出帆=カイラン(解纜)(七) ※「纜」=「ともづな」

ら行の10744

10月〇日 
①爛漫(     ) 爛(   )やか(二)
②山谷=ランガク(   )(七) 
③これは襴(    )の着物だな(一/訓)
④団欒(     ) 欒(   )い(六) 
⑤月光=ダンラン(   )(七)

KIMG0546.jpg

①爛漫(らんまん) 爛(あざ)やか(二) ※「に(る)」もアリ
②山谷=ランガク(巒壑)(七) ※「巒」=「みね」「やまなみ」
③これは襴(ひとえ)の着物だな(一/訓)
④団欒(だんらん) 欒(まる)い(六) ※「まど(か)」とも読む
⑤月光=ダンラン(団欒)(七)

ら行の10743

10月〇日 
①波瀾(    ) 瀾(    )つ(六)
②網代輿を一字で書くと(  )(二) 
③熱中し過ぎて時を忘れること=ランカ(   )(三)
④烏鷺=ランカ(   )(七)
⑤爛熟(      ) 爛(   )れる(二)

KIMG0546.jpg

①波瀾(はらん) 瀾(なみだ)つ(六)
②網代輿を一字で書くと(籃)(二) ※「かご」は必修
③熱中し過ぎて時を忘れること=ランカ(爛柯)(三)
④烏鷺=ランカ(爛柯)(七)
⑤爛熟(らんじゅく) 爛(ただ)れる(二)

ら行の10742

10月〇日 
①蘭摧玉折⇔ショウフガイエイ(     )(七)
②ランジャ(   )の室に入るが如し(八)
③襤褸(   )(五) 
④弊衣=ランル(   )(七) 
⑤楼上のオバシマ(  )に干したる敷布(二)

KIMG0546.jpg

①蘭摧玉折⇔ショウフガイエイ(蕭敷艾栄)(七)
②ランジャ(蘭麝)の室に入るが如し(八)
③襤褸(ぼろ)(五) ※=「襤」「褸」
④弊衣=ランル(襤褸)(七) ※「襤」=「つづれ」
⑤楼上のオバシマ(欄)に干したる敷布(二)

 ①、P1553の「類」は「対」に直しといてね。
 ⑤、「おり」「てすり」「わく」の訓もアリ。

ら行の10741

10月〇日 
①懶困(     ) 懶(    )い(六) 
②懶惰(    ) 懶(    )る(六)
③蘭(     )は野蒜の古名だ(一/訓) 
④蘭草(      )(五) 
⑤ランガイ(   )同に焚く(八)

KIMG0546.jpg

①懶困(らんこん) 懶(ものう)い(六) ※「女偏」も同意
②懶惰(らんだ) 懶(おこた)る(六) ※「ものぐさ(い)」とも 
③蘭(あららぎ)は野蒜の古名だ(一/訓) ※「イチイ」の意も
④蘭草(ふじばかま)(五) ※=「蘭」
⑤ランガイ(蘭艾)同に焚く(八) ※「同(とも)に」

ら行の10740

10月〇日 
①濫竽充数=ランスイ(   )(七) ※「南郭~」
②濫觴(      ) 濫(  )かべる(六)
③濫觴=ケンヨ(   )(七)
④藍菊(     )(五)
⑤青緑=ランペキ(   )(七)

KIMG0546.jpg

①濫竽充数=ランスイ(濫吹)(七) ※「南郭~」
②濫觴(らんしょう) 濫(う)かべる(六)
③濫觴=ケンヨ(権輿)(七)
④藍菊(えぞぎく)(五)
⑤青緑=ランペキ(藍碧)(七)

ら行の10739

10月〇日 
①カンザケ(   )の欲しい季節になった(二) 
②冬瓜を燗(  )るアンドレ・ザ・ジャイアント(一/訓)
③古を顧み新しい事柄を探ること=覧古コウシン(   )(四)
④滂沱=ランカン(   )(七)
⑤深更=ランセキ(   )(七) 

KIMG0546.jpg

①カンザケ(燗酒)の欲しい季節になった(二) ※音は「らん」
②冬瓜を燗(に)るアンドレ・ザ・ジャイアント(一/訓)
③古を顧み新しい事柄を探ること=覧古コウシン(考新)(四)
④滂沱=ランカン(闌干)(七)
⑤深更=ランセキ(闌夕)(七) ※「闌(た)ける/(たけなわ)」

 ④「闌干」=「欄干」の場合は「てすり」の意。

ら行の10738

10月〇日 
①乱波(    )(五)
②無茶苦茶なさま=羅利コハイ(   )(四) 
③卵を見てジヤ(   )を求む(八)
④蘭塔=サンマイバ(    )(七) 
⑤貪婪(     ) 婪(    )る(六) 

KIMG0546.jpg

①乱波(らっぱ)(五)
②無茶苦茶なさま=羅利コハイ(骨灰)(四) ※=「乱離~」
③卵を見てジヤ(時夜)を求む(八)
④蘭塔=サンマイバ(三昧場)(七) ※=「卵塔」
⑤貪婪(たんらん) 婪(むさぼ)る(六) ※「どんらん」でも可

ら行の10737

10月〇日 
①辣油(    ) 辣(   )い(六)
②カレーにラッキョウ(   )(二)
③辛辣(     ) 辣(   )い(六) 
④蝲蛄(     )(五)
⑤風がフブ(   )く雲取山山頂(二)

KIMG0546.jpg

①辣油(らーゆ) 辣(から)い(六) ※熟字訓かな?
②カレーにラッキョウ(辣韮)(二) ※=「薤」
③辛辣(しんらつ) 辣(むご)い(六) ※「きび(しい)」とも読む
④蝲蛄(ざりがに)(五)
⑤風がフブ(乱吹)く雲取山山頂(二)

ら行の10736

10月〇日 
①ラチ(  )が明かぬ(八)
②剌謬(      ) 剌(   )る(六) 
③ラッパ(   )を吹く(八)
④喇嘛教(      )(五)
⑤元気ハツラツ(   )の大村崑(二) 

KIMG0546.jpg

①ラチ(埒)が明かぬ(八)
②剌謬(らつびゅう) 剌(もと)る(六) ※「そむ(く)」とも読む
③ラッパ(喇叭)を吹く(八)
④喇嘛教(らまきょう)(五)
⑤元気ハツラツ(潑溂)の大村崑(二) ※=「潑剌」

ら行の10735

10月〇日 
①犖犖(     ) 犖(   )らか(六)
②卓犖(     ) 犖(   )れる(六)
③絡繹(     ) 繹(   )なる(六)
④駱(     )は尾と鬣だけは黒い白馬のことである(一/訓)
⑤御宿の浜辺を駱(    )に乗って進む加藤まさを(一/訓)

KIMG0546.jpg

①犖犖(らくらく) 犖(あき)らか(六)
②卓犖(たくらく) 犖(すぐ)れる(六)
③絡繹(らくえき) 繹(つら)なる(六) ※=「絡駅」
④駱(かわらげ)は尾と鬣だけは黒い白馬のことである(一/訓)
⑤御宿の浜辺を駱(らくだ)に乗って進む加藤まさを(一/訓)

 ⑤、「駝」「駱駝」も「らくだ」。

ら行の10734

10月〇日 
①女性への乱暴なふるまい=落花ロウゼキ(   )(四)
②色紙にラクセイカンシ(     )を押印する(二)
③仄日=ラッキ(   )(七)
④実家で牛の酪(     )を搾る荒川弘(一/訓)
⑤ツァラトゥストラは犖(      )という町に着いた(一/訓)

KIMG0546.jpg

①女性への乱暴なふるまい=落花ロウゼキ(狼藉)(四)
②色紙にラクセイカンシ(落成款識)を押印する(二)
③仄日=ラッキ(落暉)(七)
④実家で牛の酪(ちちしる)を搾る荒川弘(一/訓)
⑤ツァラトゥストラは犖(まだらうし)という町に着いた(一/訓)

ら行の10733

10月〇日 
①久蔵はとうとう高尾太夫をヒカ(   )した(二)
②はなびらがヒラヒラと散るさま=落英ヒンプン(   )(四)
③セイ(  )に落ちて石を下す(八)
④落飾=シュクハツ(   )(七)
⑤零落=ラクハク(   )(七) 

KIMG0546.jpg

①久蔵はとうとう高尾太夫をヒカ(落籍)した(二)
②はなびらがヒラヒラと散るさま=落英ヒンプン(繽紛)(四)
③セイ(穽)に落ちて石を下す(八)
④落飾=シュクハツ(祝髪)(七)
⑤零落=ラクハク(落魄)(七)

ら行の10732

10月〇日 
①籠絡(     ) 絡(   )う(六)
②落霜紅(      )(五)
③落人(      )(五)
④落葉松(     )(五)
⑤落葵(       )(五)

KIMG0546.jpg

①籠絡(ろうらく) 絡(まと)う(六)
②落霜紅(うめもどき)(五)
③落人(おちゅうど)(五)
④落葉松(からまつ)(五)
⑤落葵(つるむらさき)(五)

ら行の10731

10月〇日 
①洛誦(      ) 洛(   )なる(六) 
②洛陽フカク(   )の田(八)
③烙印(     ) 烙(  )く(六)
④絡新婦(       )(五)
⑤絡繹(     ) 絡(   )ぐ(六)

KIMG0546.jpg

①洛誦(らくしょう) 洛(つら)なる(六) 
②洛陽フカク(負郭)の田(八)
③烙印(らくいん) 烙(や)く(六)
④絡新婦(じょろうぐも)(五)
⑤絡繹(らくえき) 絡(つな)ぐ(六)

ら行の10730

10月〇日 
①藾(      )はキク科の薬用植物である(一/訓)
②ハンセン病はかつてライビョウ(   )と呼ばれた(二)
③酒樽=ライオウ(   )(七)
④五条大橋に籟の籟(   )きがこだました(一/訓) 
⑤京の洛(    )を訪ね歩くミヤコ蝶々(一/訓)

KIMG0546.jpg

①藾(くさよもぎ)はキク科の薬用植物である(一/訓)
②ハンセン病はかつてライビョウ(癩病)と呼ばれた(二)
③酒樽=ライオウ(罍罌)(七) ※「罍」=「さかだる」
④五条大橋に籟の籟(ひび)きがこだました(一/訓) ※「ふえ」
⑤京の洛(みやこ)を訪ね歩くミヤコ蝶々(一/訓)

カテゴリ

漢字検定 (4647)
三国志 (25)
宮崎美子 (4)
ニーチェ (46)
オリンピック (46)
競馬 (168)
不二草紙 (1)
宮崎貴士 (4)
荒川弘 (3)
ボブ・ディラン (85)
カント (1)
ビートたけし (41)
夢野久作 (4)
ドストエフスキイ (9)
菜根譚 (17)
幸田露伴 (1)
函館 (10)
関根勤 (3)
忌野清志郎 (22)
平野啓子 (4)
サウスポー (28)
フニャフニャ (19)
ボクちゃん (39)
中原中也 (1)
ドクターTAN (3)
老化現象 (6)
いじめ (3)
水木しげる (5)
ナマハゲ (2)
吉田拓郎 (53)
トウカイテイオー (12)
未分類 (37)
Qさま (46)
大阪 (2)
橋を架けよう (58)
アイヌ文化 (3)
カ行変格活用 (10)
古今亭志ん生 (14)
ドナルド・キーン (2)
ミイちゃん (240)
屈原 (7)
ジョジョの奇妙な冒険 (16)
アンドレ・ザ・ジャイアント (15)
グリゴリ・ペレリマン (1)
となりまちの小林クン (7)
こころにたまったこと (17)
てつびん物語 (6)
熊谷守一 (5)
浜口京子 (1)
森田美由紀 (7)
島崎藤村 (3)
JAZZ (2)
群書類従 (1)
夏目漱石 (34)
あったらいいな (195)
こんなんほしい (37)
孔子 (1)
Fのコード (20)
地球温暖化 (40)
梅津正樹アナ (1)
千代の富士 (1)
天秤 (4)
ラジオ深夜便 (16)
どーん (64)
シジュウカラ (1)
酒! (34)
荒井萌ちゃん (1)
カミュさま (14)
港の見える丘 (7)
解散! (4)
キックキックトントントン (5)
レフ・トルストイ (1)
ばくばく (134)
スーパー・スター (289)
飛ばし屋 (3)
長かった~ (244)
コージー大内 (1)
ナンシー関 (3)
お散歩 (88)
師走 (21)
しろねこさん、うちのはミイちゃん (13)
こうじんきーかくで~~す(PART1より) (1)
すたこら (41)
ビートルズ (7)
お勉強 (8518)
松山ケンイチ (2)
そーなんだがね (132)
アカショウビン (1)
てんぐのへだま (6)
火急の用件 (152)
だ、だれ? (137)
泉谷しげる (9)
おんのれ~とうとうわしをおこらせやがったなあああ (56)
あ、それそれ、それなんだよ (6)
どおくまん (1)
必ず書ける「必」それはソレハである (2)
さあ、次! (60)
ああ燃えとる燃えとる (19)
吉田類 (19)
かつどん? (20)
カ~ル! (2)
石川ひとみ (7)
村上春樹 (9)
若大将 (6)
アブラカダブラ (1)
だれかが風の中で (1)
大漁 (2)
復興 (12)
ただおまえがいい (9)
江戸っ子 (6)
夕焼けトンボ (12)
ついたよ~ (43)
伊東四朗 (1)
準1級(四字熟語) (5)
円満字二郎 (12)
つづらふじ (49)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR