ら行の3946

 漢検1級ブログ ボクちゃん日記PART2(漢検一級編)

ら行の3946

6月〇日 
 とりあえずリストを挙げておきます。多分これで6~8点はOK、
だと思います。
 ミスがありましたら是非お教えください。

①無情で強欲なさま=アコギ(阿漕)
②淑やかで艶やかなさま=アダ(婀娜)
③一族を殲滅すること=アツゼツ(遏絶)
④腹のぷっくりした力士=アンコガタ(鮟鱇形)
⑤ぼんやりとして明瞭でないさま=イキ(依稀)
⑥ゆったりと落ち着いた様子=イイ(委蛇) ※「いだ」とも読む
⑦身を屈めて従うさま=イダ(委蛇) ※「いい」とも読む
⑧成り行きに任せること=イジュン(委順)
⑨真夏の強い太陽光=イジツ(畏日)
⑩過去にほとんど例のない事象=イスウ(異数)
①人を意のままにあしらうこと=イシ(頤指) ※=「頤使」
②守るべき人としての道=イリン(彝倫)
③女性の優れた品位=イトク(懿徳)
④ちょっとした手助け=イッピ(一臂)
⑤道理に適うこと=イントウ(允当)
⑥風雅で趣のあるさま=インチ(韻致)
⑦欲深な人相の喩え=ウカイ(烏喙)
⑧意気盛んなさま=ウツボツ(鬱勃)
⑨心が広く穏かなさま=ウンシャ(蘊藉)
⑩飛び抜けて美しいさま=エイケン(英絢)
①詩文の添削を依頼すること=エイフ(郢斧)
②遺言状の別称=エイショ(楹書)
③仏が仮の姿で現れること=ヨウゴウ(影向)
④明るく透き通っているさま=エイテツ(瑩徹)
⑤ありあまるほどの収益=エイリ(贏利)
⑥賢者の死=エキサク(易簀)
⑦位をとびこえるて昇進すること=オツニン(越任)
⑧土地などを独占すること=エンユウ(奄有) ※=「掩有」
⑨話が澱みなく進むさま=エンテン(宛転)
⑩人を呼び寄せて会うこと=エンケン(延見)
①多くの人間の恨みの集まる場所=エンプ(怨府)
②意味を広げより詳しく説明すること=エンギ(衍義)
③貴人の死=エンカン(捐館)
④賄賂によって官職を得ること=エンノウ(捐納)
⑤世俗を超越したさま=エンケン(偃蹇)
⑥塩車に服す駿馬状態=エンタイ(淹滞)
⑦土砂などで水の流れを止めること=エンソク(堰塞)
⑧自説の裏付として他文献を用いること=エンイン(援引)
⑨物事がたくさん集まる場所=エンソウ(淵叢) ※=「淵藪」
⑩詩文を書くこと=エンザン(鉛槧)
①あきて嫌になること=エンケン(厭倦)
②美味い中国料理の元となるアナツバメの巣=エンカ(燕窩)
③ぷらぷらのんびり過ごすさま=エンキョ(燕居)
④価値がないものの喩え=エンセキ(燕石)
⑤人に使われること=エンカ(轅下)
⑥福山雅治=エンプクカ(艶福家)
⑦華やかな晩春の如く若々しく美しいさま=エンヨウ(艶陽)
⑧トテモ穢い溝=オトク(汚瀆)
⑨トラの別称=オト(於菟)
⑩ネコの別称=オト(於菟)
①勅命により詩文をつくること=オウセイ(応制)
②予定を変えてまで態々訪問すること=オウコ(枉顧)
③忙しなく働くさま=オウショウ(鞅掌)
④ほしいままに論じ合うこと=オウギ(横議)
⑤見識の狭いことの喩え=オウテン(甕天)
⑥友と親密に語り合うこと=オウメイ(嚶鳴)
⑦俗世間から離れた風雅な交流=オウメイ(鴎盟) 
⑧高貴な人物=ヤカタ(屋形) ※「御屋形様」
⑨肥えたさま=オツドツ(膃肭)
⑩・・ア抜けてた♪♪♪
①職を辞すること=シャニン(卸任)
②同音の別字を同義として用いること=オンツウ(音通)
③情け深い計らい=オンテン(恩典)
④包容力のあること=ウンシャ(温籍) ※「おんしゃ」とも読む
⑤ぼろぼろの服を着た人の喩え=オンジャク(温石)
⑥中国などで使われる暖房装置=オンドル(温突)
⑦知事たる者の持つべき基本的な態度=オンリョウキョウケン
ジョウ(温良恭倹譲)
⑧節会の儀式などの後に催される宴会=オンザ(穏座)
⑨松明に火をつけること=アコ(下火) ※「下炬」とも書く
⑩マッサンのようなトテモ尾籠なさま=カグ(下愚)
①庶民の実態=カジョウ(下情)
②他者に比し低位にあること=カフウ(下風) ※「~に立つ」
③寺社からの帰宅=ゲコウ(下向)
④仏道修行には向いていない者=ゲコン(下根) ※=「下機」
⑤今日の伊勢神宮状態=ゲジョウ(下乗)
⑥駆け出しの修行僧=ゲロウ(下臈)
⑦育成し成長させること=カセイ(化成)
⑧神仏が姿を変え現われること=ケショウ(化生)
⑨皆の衆を教え導くこと=ケゾク(化生)
⑩斜め右下から上へと運ぶ筆法=カキャク(戈脚)
①欲の恐怖を喩えた言葉=カキョウ(火坑) ※「かこう」でも可
②食事に留意して養生すること=カサン(加餐)
③稲科の旧称=カホンカ(禾本科)
④一時的に住居とすること=カグウ(仮寓)
⑤ツルドクダミで長生きしたおぢちゃん=カシュウ(何首烏)
⑥人様の家を訪問すること=ソウタク(找宅)
⑦寒中に詩文をつくること=カヒツ(《口偏+可》筆)
⑧微に入り細に穿ち徹底して調査すること=カサツ(苛察)
⑨不吉な出来事=マガゴト(禍事)
⑩褒め讃えること=カショウ(嘉尚)
①おめでたいこと=カテイ(嘉禎)
②狭い家の喩え=カロ(蝸廬)
③中国古代文字のひとつ=カト(科斗) ※「蝌蚪」でも正解
④盗品売買の仲介をすること=ガホ(牙保)
⑤美しく装飾された遊覧船4=ガホウ(画舫)
⑥黄巾の乱の別称=ギゾク(蛾族) ※「蛾」=「蟻」
⑦意のままに人を使うこと=ガギョ(駕御)
⑧白っぽく軽いものの譬え=ガモウ(鵝毛) ※=「鵞毛」
⑨気にかけること=カイイ(介意) ※「介(さしはさ)む」
⑩喉頭蓋の別称=エエン(会厭)
①病気が完治すること=カイシュン(回春)
②仏道に帰依すること=エシン(回心)
③言動の素早いさま=カイショウ(快捷)
④僅かな蟠り=カイタイ(芥蔕)
⑤道理に叛くこと=カイハイ(乖背)
⑥預かった金品などを持ってずらかること=カイタイ(拐帯)
⑦これまでの行動を振り返り懺悔すること=ケカ(悔過)
⑧寒冷前線による稲妻=カイライ(界雷)
⑨連れ立って歩くこと=カイコウ(偕行)
⑩文章が難解で分かりにくいこと=カイジュウ(晦渋)
①他者の思いのままに操られる者=カイライ(傀儡)
②心が広く物事に拘らなさま=カイカツ(開豁)
③寺院を創建すること=カイキ(開基)
④鉄道の下を通過する道=カイキョ(開渠)
⑤繭から糸をつくること=カイジョ(解舒)
⑥刑具を外して釈放すること=カイダツ(解脱)
⑦言葉巧みに相手を抱きこむこと=カイジュウ(懐柔)
⑧ある計画を心中に持つこと=カイホウ(懐抱)
⑨他者と仲良くすること=カイカ(階和) ※「かいわ」とも読む
⑩沸騰時に沸く小胞=カイガン(蟹眼)
①和らぎ楽しむさま=ガイテイ(豈弟) ※=「凱悌」
②ぴったりと当て嵌まること=ガイセツ(剴切)
③互いに競い合うこと=カクチク(角逐)
④障害物を排除し正すこと=カクセイ(郭清) ※=「廓清」
⑤微塵切りにした漬物=カクヤ(覚弥) ※=「隔夜」
⑥最小と最大との開き=コウサ(較差) ※「かくさ」で有名
⑦比べはかること=キョウリョウ(較量) ※「こうりょう」とも読む
⑧広大で物寂しいさま=カクリョウ(廓寥)
⑨トテモ生真面目なこと=セイカク(誠愨)
⑩物事が盛んで美しいさま=カクエキ(赫奕) ※=「かくやく」
①爺婆ながらトテモ元気なさま=カクシャク(矍鑠)
②沙羅双樹の別称=カクリン(鶴林)
③仏道に励む僧侶=ガクショウ(学生)
④推薦状の別称=ガクショ(鶚書) ※=「鶚表(がくひょう)」
⑤行脚中に寺に逗留すること=カシャク(掛錫) ※=「挂錫」
⑥仕官を希望すること=カンロク(干禄)
⑦塩化第一水銀=カンコウ(甘汞)
⑧葉牡丹の別称=カンラン(甘藍)
⑨師匠に対する敬称=カンジョウ(函丈)
⑩人がぐうぐう寝ている隙にサイフをかっぱらう悪い奴=カンタン
シ(邯鄲師)
①とびきり優れていること=カンゼツ(冠絶)
②書物の中にあるナイスな詩歌=カンジク(巻軸)
③物品の目方を量ること=カンカン(看貫)
④声を出して経を読むこと=カンキン(看経)
⑤声を出さずに経を読むこと=カンキン(看経)
⑥藤田ニコルがニコリと微笑むさま=カンジ(莞爾)
⑦社員があまりやりたくないもの=カンジ(幹事)
⑧人をひっかける策略=カンセイ(陥穽)
⑨いちばん先になくなっちゃうもの=カンセイ(甘井)
⑩君主の持つ大きな権力=ケンコウ(乾綱)
①喉がしゃがれて話せないこと=ヒゴエ(乾声)
②人にとってもっとも大切なもの=ケンコウ(健康)
③君主から咎められること=カンキ(勘気)
④学問を深く究めること=カンセン(貫穿)
⑤陶磁器の細かいひび=カンニュウ(貫入) ※=「貫乳」
⑥詔勅を告げ知らせること=カンパツ(渙発) ※=「渙汗」
⑦闘いの真っ最中であること=カンセン(酣戦)
⑧等閑にすること=カンキャク(閑却)
⑨無駄無駄無駄無駄無駄~な字句=カンモジ(閑文字)
⑩派手な振舞い=カンカツ(寛闊)
①狭い見識から物事を推測すること=カンレイ(管蠡)
②自由を奪うこと=カンセイ(箝制)
③物事の勘所=カンケン(関鍵)
④物事の重要な分岐点=カントウ(関頭)
⑤必要な人物を入念に選ぶこと=カンバツ(簡抜)
⑥和歌の極意を伝えること=カンジョウ(灌頂)
⑦態度のはっきりしないさま=ガンコ(含糊)
⑧花が咲き始めること=ガンショウ(含笑)
⑨強健な馬のこと=ガンジョウ(岩乗)
⑩思考の及ぶ範囲=ガンカイ(眼界)
①努力の末に追いつくこと=キキュウ(企及)
②高い帆柱=キショウ(危檣) ※「危(たか)い」
③言動の風変わりなさま=キキョウ(奇矯)
④思いもよらないこと=キケイ(奇警)
⑤堅い約束=キダク(季諾)
⑥トテモ冷えること=キカン(祁寒) ※「祁」は異体字
⑦退官後に郷里でのんびり過ごすこと=キガ(帰臥)
⑧抵抗を止め従うこと=キジュン(帰順)
⑨両雄相対して戦うこと=キカク(掎角)
⑩判断基準となる模範=キキョウ(亀鏡) ※=「亀鑑」
①群雄の割拠すること=キジ(棋峙)
②深く恥じ赤面するさま=キタン(愧赧)
③衣食が不足していること=キボウ(匱乏)
④船を出すための準備=ギシュウ(艤舟)
⑤山の高く聳えるさま=ギガ(巍峨)
⑥山鳩色=キクジン(麹塵)
⑦凶作地を援助すること=キュウコウ(救荒)
⑧楽器の音律が合うさま=キュウジョ(翕如)
⑨選り好みをすること=サリキライ(去嫌)
⑩言葉が澱みなく出るさま=キョセツ(鋸屑)
①中庸の道に悖る行為=キョウケン(狂狷)
②仏前用の盛り皿=クゲ(供笥)
③天子の飲食物=クゴ(供御)
④行幸の列に加わること=グブ(供奉)
⑤相談の上とりはからうこと=キョウショウ(協商)
⑥水が勢いよく噴き出すさま=キョウヨウ(洶湧) ※=「~ゆう」
⑦憐憫のこころから恵みを施すこと=キョウジュツ(矜恤)
⑧勇猛で残忍なこと=キョウユウ(梟雄)
⑨棚から牡丹餅=キョウコウ(徼幸) ※「ぎょうこう」でも可
⑩勢力拡大のための拠点=キョウトウホ(橋頭堡)
①性質が尋常でないさま=キョウゲキ(矯激)
②物事の始まりの喩え=ギョウショウ(暁鐘)
③人情の薄いこと=ギョウリ(澆漓)
④物事が行き進まなくなること=ギョウタイ(凝滞)
⑤飛び抜けて優秀な人物=ギョウソ(翹楚)
⑥あ~あいつは強い!という評判=ギョウメイ(驍名)
⑦細大漏らさず述べること=キョクジン(曲尽)
⑧消えない証拠=ゴクイン(極印)
⑨行き悩むさま=キョクチョク(跼躅)
⑩恩恵が皆に行き渡ること=キンテン(均霑)
①主君の傍で仕えること=キンジ(近侍)
②最新作の詩歌=キンジュウ(近什)
③行き詰まり苦しむこと=キンキュウ(窘窮)
④押し留めること=キンアツ(禁遏)
⑤霊力により災禍を防ぐこと=キンヨウ(禁厭)
⑥心の広さ=キンド(襟度)
⑦不和になるきっかけ=キンタン(釁端)
⑧減ってゆきトウトウなくなること=クウコウ(空耗)
⑨人様に頼って暮らすこと=グウセイ(寓生)
⑩人の目につきにくい場所=オクロウ(屋漏)
①過ちを認めスグ革めること=ヒョウヘン(豹変)
②古典の字句の意味を解釈すること=クンコ(訓詁)
③初心者を教え導くこと=キンモウ(訓蒙) ※「くんもう」でも可
④韮・蒜・生臭い肉=クンセン(葷羶)
⑤裳の飾り紐=クタイ(裙帯) ※「くんたい」とも読む
⑥勢いの盛んな喩え=クンシャク(薫灼)
⑦円満でない様子=ケイカク(圭角)
⑧清から届いた手紙を風に吹かしちゃあ見吹かしちゃあ見て幾
度も読み返すこと=ケイフク(圭復)
⑨大きな隔たり=ケイテイ(径庭) ※(八)でも注
⑩割符の如くピタリと合うさま=ケイゴウ(契合)
①職を辞すること=カイカン(挂冠) ※「けいかん」でもOK
②勤め苦しむさま=ケイケイ(盻盻) ※(一)でも注
③ひとつに重なりあうこと=ケイカイ(計会)
④献本の際に相手の名前に添える言葉=ケイゾン(恵存)
⑤縁談を仲介する人=ケイアン(桂庵) ※=「慶安」
⑥国家を治めること=ケイリン(経綸)
⑦袿+単+袴+帯+小袖+檜扇=ケイコ(袿袴)
⑧ごく僅かの時間=キョウコク(頃刻) ※=「けいこく」
⑨推察すること=キョウジャク(景迹)
⑩身寄りのない一人者=ケイドク(煢独)
①家庭での躾=ケイモン(閨門)
②寺院の完成を祝うこと=キョウサン(慶讃) ※=「けいさん」
③上体を深々と曲げて敬礼すること=ケイセツ(磬折)
④強い欲望の喩え=ケイガク(谿壑)
⑤華やかな宴席=ケイエン(瓊筵)
⑥詩文に優れていること=ケイサク(警策)
⑦先払いが声を掛けること=ケイヒツ(警蹕)
⑧捨てるには惜しいナアというもの=ケイロク(鶏肋)
⑨虚弱体質=ケイロク(鶏肋)
⑩高僧の敬称=ゲイカ(猊下)
①大悪人の譬え=ゲイゲイ(鯨鯢)
②大勢が一斉に発する声=ゲイハ(鯨波)
③ひっそりとして侘しいさま=ゲキセキ(闃寂)
④官位昇格の時に不遇であること=ゲキタイ(鷁退)
⑤韻文体の経典=ゲジ(偈頌) ※「げしょう」でも可
⑥僅かなものの喩え=ケンテキ(涓滴)
⑦肩凝り=ケンペキ(痃癖)
⑧トテモ五月蠅いさま=ケンゴウ(喧囂)
⑨満足なさま=ケンエン(慊焉)
⑩不満足なさま=ケンエン(慊焉)
①物を贈ることの謙譲表現=ケンキン(献芹)
②さしつさされつの杯の遣り取り=ケンシュウ(献酬)
③君主への勧善懲悪の進言=ケンタイ(献替)
④無愛想なさま=ケンドン(慳貪)
⑤順調にいかぬさま=ケンキョク(蜷局)
⑥物事の評価基準=ケンコウ(権衡)
⑦便宜上の方法=ケンドウ(権道)
⑧物事の初め=ケンヨ(権輿)
⑨高貴で重い地位にある人物=ケンヨウ(顕要)
⑩実力以上に己の才能を誇示すること=ゲンヨウ(衒耀)
①一時しのぎ=コソク(姑息)
②痩せ衰えるさま=ココウ(枯槁)
③その場をとり繕うこと=コト(糊塗)
④僅かな俸禄の喩え=ゴトベイ(五斗米)
⑤節操を堅く守ること=コウチョウ(後凋) ※「後彫」とも書く
⑥木製丸型碁石用容器=ゴケ(碁笥)
⑦売買仲介手数料=コウセン(口銭)
⑧精神修行に努めること=クフウ(工夫)
⑨仏法が世間に広まること=グズウ(弘通)
⑩物事のなりゆき=コウハイ(向背)
①適切なさま=コウコ(好個)
②知識を磨くこと=コウギョク(攻玉)
③闇雲に人真似するさま=コウヒン(効顰)
④馴れ馴れしくすること=コウジツ(狎昵)
⑤無闇に諂うさま=コウゴウ(苟合)
⑥一時の安楽を求めること=コウトウ(苟偸) ※「苟且偸安」
⑦弓矢の的=コウコク(侯鵠)
⑧祈祷の際に水を浴び身を清めること=コリ(垢離)
⑨ずるがしこく悪知恵の働くさま=センテン(舛添)
⑩ずるがしこく悪知恵の働くさま=コウカイ(狡獪)
①世間の煩わしさの喩え=コウジン(紅塵)
②手賀沼にもいる長元坊のようなトリさん=リュウチョウ(留鳥)
③原本と原稿を照らし合わせること=キョウゴウ(校合)
④異本を調べ研究すること=コウカン(校勘)
⑤神様が人間界を見守るさま=コウカン(降鑑)
⑥祈りに依り邪悪を退けること=ゴウマ(降魔)
⑦己を気高く保つこと=コウトウ(高踏)
⑧賑やかな市中=コウク(康衢)
⑨思いもかけず突発的におこること=コウエン(溘焉)
⑩意気盛んなさま=コウガイ(慷慨)
①申し渡すこと=コウメイ(誥命)
②三位以上の死=コウセイ(薨逝)
③四位・五位の死=ソッキョ(卒去)
④トテモ長い時間=コウゴウ(曠劫)
⑤羊のスープ=ヨウコウ(羊羹)
⑥肌合滑らかで玉と蝋石とを混ぜ合わせたかの如くで見ている
だけで心地よく喩えるならばイッコの美術品としか言わざる得な
いんだにゃあ~と彼の文豪をも言わせしめた和菓子の一=ヨウ
カン(羊羹)
⑦鐘などが鳴り響くさま=コウソウ(鏗鏘) ※「~錚/鎗」とも書く
⑧カキカキカキカキ掻き混ぜること=コウハン(攪拌)
⑨強情なさま=ゴウフク(剛愎)
⑩極めて僅かなこと=ゴウハツ(毫髪)
①科挙主席合格者=ゴウトウ(鼇頭)
②神仏に祈願する言葉=コウブン(告文)
③等閑にすること=コッショ(忽諸)
④疲弊しどうしょもなくなるさま=コントン(困頓)
⑤トテモ巨大なものの喩え=コンホウ(鯤鵬)
⑥見方につくこと=サタン(左袒)
⑦取り仕切って指図すること=サハイ(差配)
⑧山の高く険しいさま=サガ(嵯峨)
⑨樹木や岩石が絡んでいるさま=サガ(槎牙)
⑩岩のごつごつした嶮しい山=サイカイ(崔嵬)
①先祖の業績を受け継ぐこと=セイビ(済美)
②嫉妬深く無慈悲なこと=サイニン(猜忍)
③奮い立つこと=サッコウ(作興)
④コッソリ悪事を企てること=サクドウ(策動)
⑤種々のものが入り混じっているさま=サクラク(錯落)
⑥勅命により皇太子を定めること=サクリュウ(冊立)
⑦簡潔に書き抜くこと=サツヨウ(撮要)
⑧兄弟仲の悪いことの喩え=シンショウ(参商)
⑨潔い戦死の喩え=サンゲ(散華)
⑩悪人を切り殺すこと=ザンカン(斬奸)
①でっちあげて人を非難すること=ザンブ(讒誣)
②事を起こすに絶好の時期=ヤゴロ(矢頃)
③観世音菩薩=セムイ(施無畏)
④人様の模範となるこ=シヒョウ(師表)
⑤決められた原稿の枚数=シフク(紙幅)
⑥詩文の才能が優れていること=シソウ(詩藻)
⑦熱弁をふるうこと=シシク(獅子吼)
⑧軍隊の荷物=シチョウ(輜重)
⑨急激に勢いの衰えるさま=ショクビ(式微) ※=「しきび」
⑩適切でないこと=シットウ(失当)
①談話のもっとも面白くなってくるところ=シャキョウ(蔗境)
②不可能の喩え=シャクスイ(斫水)
③壮年期にも係わらず覇気のないさま=ジャッキュウ(若朽)
④問題を誘発すること=ジャッキ(惹起)
⑤自ら抜書きすること=シュショウ(手抄)
⑥故人の愛用品=シュタク(手沢)
⑦理解不能の外国語=シュリ(侏離)
⑧不可欠なこと=シュヨウ(須要) ※「すよう」でも可
⑨早急に車馬の用意をさせ走らせること=ソクガ(趣駕) 
⑩祈祷により災いを祓うこと=ジュゴン(呪禁)
①税を取り立てること=シュウレン(収斂)
②才能の優れたさま=シュウエイ(秀穎)
③隅々まで行き渡ること=シュウソウ(周匝)
④研ぎ澄まされた刀の形容=シュウスイ(秋水)
⑤ちっちゃい本=シュウチン(袖珍)
⑥病床に臥すこと=シュウジョク(就褥)
⑦筆の運びの力感のあるさま=シュウケイ(遒勁)
⑧厳しく税を取り立てること=シュウレン(聚斂)
⑨恐れ慎むさま=シュウゼン(蹴然)
⑩従来の方法を継承し使うこと=シュウヨウ(襲用)
①神がモーゼに与えた掟=ジッカイ(十誡)
②良いことが続きトテモ満足なこと=チョウジョウ(重畳)
③戦いの場とはなっていない国内=ジュウゴ(銃後)
④米に穀物を入れて炊いた食物=カテメシ(糅飯)
⑤積年の恨み=シュクイ(宿意)
⑥二日酔い=シュクテイ(宿酲)
⑦秋風が草木を枯らすサマ=シュクサツ(粛殺)
⑧援助のために寄付をすること=シュツエン(出捐)
⑨逃げて姿を晦ますこと=シュッポン(出奔)
⑩再デビュー=シュツロ(出廬)
①才知の抜きん出ていること=シュンソウ(俊爽)
②頑なに断わること=シュンキョ(峻拒)
③気高いさま=シュンショウ(峻峭)
④僧侶が全国行脚し布教すること=ジュンシャク(巡錫)
⑤恐れ慎むさま=ジュンジュン(恂恂)
⑥ものに拘らないさま=ジュンジュン(循循)
⑦丁寧に説くさま=ジュンジュン(諄諄)
⑧風来坊の生き様=ジュンキョ(鶉居)
⑨鹿野苑での釈迦の説法=ショテンボウリン(初転法輪)
⑩じじいになりはじめの四十歳=ショロウ(初老)
①僧侶の弟子=ショケ(所化)
②本の知識ばかりで其の使い方を知らぬ者=センテン(舛添)
③本の知識ばかりで其の使い方を知らぬ者=ショト(書蠹)
④先に述べたこと=ジョジョウ(如上)
⑤喪の明けること=ジョブク(除服)
⑥こころを緩やかにすること=ジョチョウ(舒暢)
⑦質素な生活のさま=コテイ(小体)
⑧技巧を凝らし良い評価を得ようという思惑=ショウキ(匠気)
⑨和やかな世が長く続くこと=ショウヘイ(承平)
⑩塩化第二水銀=ショウコウ(昇汞)
①志をけして変えないことの喩え=ショウハク(松柏)
②志をすっかり変えたんだけど開き直ること=センテン(舛添)
③月日を送ること=ショウコウ(消光)
④互いに打ち解け合うこと=ショウコウ(浹洽)
⑤誉め讃えること=ショウヨウ(称揚)
⑥猛威をふるうこと=ショウケツ(猖獗) ※=「獗蹶」
⑦先人の功績を継承すること=ショウジュツ(紹述)
⑧イライライライライライライライライライ・・=ショウリョ(焦慮)
⑨恐れ戦くさま=ショウク(竦懼)
⑩長距離を飛びきること=ショウハ(翔破)
①社会の真実を写しだすものの喩え=ショウマキョウ(照魔鏡)
②我を忘れるほど夢中になるさま=ショウコン(銷魂)
③田舎での生活の喩え=ショウソ(樵蘇)
④物静かで落ち着いたさま=ショウサン(蕭散)
⑤宰相が国を治めること=ショウリ(燮理)
⑥悪魔を祓う神様=ショウキ(鍾馗)
⑦洗練された様子=ショウシャ(瀟洒) ※「瀟灑」とも書く
⑧胡坐をかくこと=ジョウロク(丈六)
⑨筋道の明瞭なこと=ジョウタツ(条達)
⑩草木が繁茂するさま=ジョウジョウ(茸茸)
①しなやかな美しさ=ジョウダ(嫋娜)
②ピンセット=セッシ(鑷子) ※「じょうし」とも読む
③嘘をつくこと=ショクゲン(食言)
④悪習をなくすこと=ショクジョウ(拭浄)
①賄賂を罰せられぬように使うこと=ショクザイ(贖罪)
②他国に攻め入り害を与えること=シンコウ(侵寇)
③神社を資金援助する者=カンベ(神戸) ※「じんこ」でもOK
④天子の御心=シンチュウ(宸衷) ※=「宸襟」
⑤初めて住職となること=シンザン(晋山)
⑥次第に感化されること=シンゼン(浸染)
⑦飾り気のないさま=シンソツ(真率)
⑧考察や知識の奥深いさま=シンスイ(深邃)
⑨天子が心を痛めること=シンネン(軫念)
⑩仏門に入って間もない僧侶=シンボチ(新発意)
①どうにも消し切れぬ煩悩=シンロウ(滲漏)
②布施をすること=シンジュツ(賑恤)
③君主自ら軍を率いて敵を討つこと=シンセイ(親征)
④出家した時の境地=ジンガイ(人外)
⑤地理・風習について書かれた本=ジンコッキ(人国記)
⑥儒教の中心となる道徳=ジンギ(仁誼)
⑦ちっちゃい神社=ジンシ(仁祠)
⑧生き残った者の譬え=ジンヨ(燼余)
⑨砂金採集法の一=スイヒ(水簸)
⑩人を称えること=スイキョ(吹嘘)
①幼帝に代わり行う政=スイレン(垂簾)
②無礼な行為=スイサン(推参)
③飾り気のないものの喩え=ツイリン(椎輪)
④地方を安らかに治めること=スイエン(綏遠)
⑤青緑に翳む山の形容=スイタイ(翠黛)
⑥高山八合目=スイビ(翠微)
⑦墓への斜めに掘られた通路=スイドウ(隧道)
⑧一目散にすたこらするさま=ズイトクジ(随徳寺)
⑨ピラミッド形=スギナリ(杉形)
⑩短い手紙=スンチョ(寸楮)
①人の善行を称え世に広めること=セイヒョウ(旌表)
②斬新で珍しいこと=セイキ(清奇)
③人材を育成すること=セイガ(菁莪)
④脇から邪魔をすること=セイチュウ(掣肘)
⑤天子の謀=セイボ(聖謨) ※=「聖猷(せいゆう)」
⑥殺伐とした雰囲気=セイフウ(腥風)
⑦真価となる箇所=セイカ(精華)
⑧余計なものの喩え=ゼイユウ(贅肬)
⑨当所なく彷徨うさま=ロウセキ(浪迹)
⑩優れた見識=セキガン(隻眼)
①風雨などの寂しげな音のさま=セキレキ(淅瀝)
②割った竹の節と節との間=キリヨ(切節)
③相手を力尽くでした従わせること=セップク(折伏)
④相手を諭し帰依させること=シャクブク(折伏)
⑤無実の罪を晴らすこと=セツエン(雪冤)
⑥命令を無視し勝手にやること=センセン(専擅)
⑦身分不相応な行為=センショウ(僭上) ※「せんじょう」とも 
⑧さめざめと泣くさま=センカン(潺湲) ※「せんえん」でも可
⑨善を取り悪を捨てること=センジャク(選択) ※=「~ちゃく」
⑩物事が長引くこと=センエン(遷延)
①高僧の死=センゲ(遷化)
②月の異称=センジョ(蟾蜍)
③大雑把で荒いこと=ソソウ(粗鬆) ※「そしょう」で有名
④切り落とした木の枝=ソダ(粗朶)
⑤不正に入手した品=ゾウブツ(贓物)
⑥入門時に持参する謝礼=ソクシュウ(束脩)
⑦消えてなくなること=ソクメツ(熄滅)
⑧田舎でつくる酒=ソンジョウ(村醸)
⑨仕事の忙しいこと=タタン(多端)
⑩物欲しげなさま=ダイ(朶頤)
①物品を仕舞い込んでおくこと=タイゾウ(退蔵)
②たくさんの僧侶=ダイシュウ(大衆)
③危険なものの喩え=ダイコ(餒虎)
④治安のよいさま=エンタク(偃柝) ※「偃(ふ)す」
⑤義理立てすること=タテヒキ(達引)
⑥詩文作りの為の参考書を広げたさま=ダッサイギョ(獺祭魚)
⑦人間の根本的な三つの煩悩=トンジンチ(貪瞋痴)
⑧海人の住居=タンコ(蜑戸)
⑨緩やかなさま=タンコ(澹乎)
⑩馬車に乗り走り回ること=チシュウ(馳驟)
①吃驚すること=チハク(褫魄)
②心のさっぱりした状態=チュウキョ(沖虚)
③煩悩の多いことの喩え=チュウリン(稠林)
④結び縛ること=チュウビュウ(綢繆)
⑤良質の自然銅=トウセキ(鍮石)
⑥役立たず=チョサン(樗散)
⑦人をだまくらかすこと=チョボイチ(樗蒲一)
⑧疲れ衰えること=チョウザン(凋残)
⑨詩文を練り上げ磨くこと=チョウタク(雕琢) ※=「彫琢」
⑩穴開き銭=チョウモク(鳥目)
①啄むさま=トウコウ(喋呷) 
②証明のための材料=チョウヒョウ(徴憑)
③直立不動のさま=チョウゼン(輒然)
④人を呪い殺すこと=チョウブク(調伏)
⑤天子の身体=チンキュウ(朕躬)
⑥差し障り=ツウヨウ(痛痒)
⑦差し止めること=チョウジ(停止)
⑧相互扶助=テイケイ(提挈)
⑨死すべき運命の喩え=テイソ(鼎俎)
⑩野卑な音楽のこと=テイセイ(鄭声)
①仏門に入ること=チハツ(薙髪)
②明らかなさま=テキゼン(的然)
③団結力の強固なことの形容=テットウ(鉄桶)
④煙草盆に付属した灰落とし用竹筒=トゲッポウ(吐月峰)
⑤天皇の御出座し=トギョ(渡御)
⑥本の知識ばかりで活用できない者=トギョ(蠹魚)
⑦連座制で妻子まで罰すること=ドリク(孥戮)
⑧重要な地位にあること=トウロ(当路)
⑨丁重なもてなし=タッパイ(答拝)
⑩軍隊を取り締まること=トウトク(董督)
①核心をつき明瞭に言うこと=ドウハ(道破)
②官位を金銭で得ること=ドウシュウ(銅臭)
③朝日の輝くさま=トウトウ(瞳瞳)
④自著の謙称=トクヒツ(禿筆)
⑤極めて優秀なこと=トクリツ(特立)
⑥仮名手本忠臣蔵=ドクジントウ(独参湯)
⑦仏教と儒教=ウチト(内外)
⑧帝位につくこと=ナンメン(南面)
⑨夕刻に寺で撞かれる鐘=イリアイ(入相)
⑩混雑し騒然としたさま=ネットウ(熱鬧) ※「ねつどう」とも
①広げた形が胡蝶に似た本の綴じ方=デッチョウソウ(粘葉装)
②心の細やかなさま=ジョウジョウ(濃濃)
③難解な文章を確り理解すること=ハソク(把捉)
④地面を這って進むこと=ハコウ(爬行)
⑤物事が吊り合わずに進むこと=ハコウ(跛行)
⑥束縛から逃れること=ハイダツ(擺脱)
⑦堆い岩=ハイライ(碚磊)
⑧相伴する客=バイヒン(陪賓)
⑨摑み所のないさま=ハクエイ(搏景)
⑩俄かに起こるさま=バクゼン(驀然)
①直轄領地=ハンペイ(藩屏)
②俗事にかかずらうこと=ハンエン(攀縁)
③他のものに例えること=ヒキョウ(比況)
④徒党を組むこと=ヒシュウ(比周)
⑤包み隠さず吐露すること=ヒレキ(披瀝)
⑥役立たず=ヒコウ(秕糠)
⑦飛蝗の大移動=ヒコウ(飛蝗)
⑧素早く身を翻すさま=ヒエン(飛燕)
⑨金銭を使い果たしてしまうこと=ヒショウ(費消)
⑩凶作に対し手を打っておくこと=ビコウ(備荒)
①お忍び歩き=ビコウ(微行)
②気分のちょっと悪いこと=ビヨウ(微恙)
③女にだらしのないさま=ビカチョウ(鼻下長)
④田舎びて卑しいさま=ビロク(麋鹿)
⑤種類分けして纏めること=ヒンイ(品彙)
⑥技芸の拙いこと=フカン(不堪)
⑦天子の病=フヨ(不予) ※=「不例」
⑧官位のない人=ホイ(布衣)
⑨財力や知識の豊かなこと=フセン(富贍)
⑩それとなく忠言すること=フウカン(諷諫)
①惜し気もなく捨てられるものの例え=ヘイリ(敝履)
②害のある箇所=ヘイトウ(弊竇)
③官位を下げ退けること=ヘンチュツ(貶黜)
④無駄に時間の過ぎるさま=ベンベン(便便)
⑤国を治めるに性急であることの戒めの言葉=ホウセン(烹鮮)
⑥物の乏しいこと=ボクショウ(乏少)
⑦惨いこと=モギドウ(没義道)
⑧むっと顔色を変えるさま=ボツジョ(勃如)
⑨洗濯物が広げて干されているさま=マンカンショク(満艦飾)
⑩純朴な者の譬え=ブエン(無塩)
①永遠の存在=ムイ(無為)
②自然体であること=ムクユウ(無功用)
③値をつけられぬほど貴重なこと=ムゲ(無価)
④不思議なこと=メンヨウ(面妖)
⑤出鱈目なこと=マンラン(孟浪) ※「もうらん」でもOK
⑥天子が変事の際に避難すること=モウジン(蒙塵)
⑦余計なものの喩え=ユウゼイ(肬贅)
⑧奥ゆかしく品のあるさま=ヨウチョウ(窈窕)
⑨月の異名=ヨウダイ(瑶台)
⑩物事をつくりあげること=ヨウチュウ(熔鋳)
①微少なものの例え=ヨウトウ(蠅頭)
②並べ敷くこと=ラフ(羅布)
③積年の不平不満=ライカイ(磊塊)
④夢中になって時間を忘れること=ランカ(爛柯)
⑤役人の守るべき心得=リドウ(吏道)
⑥降る雪の形容=リュウジョ(柳絮)
⑦優れた音楽のこと=リョウジン(梁塵)
⑧金属製の鏡=リョウカ(菱花)
⑨物事の次第に衰退するさま=リョウイ(陵夷)
⑩河川の湾曲するさま=リョウジョウ(繚繞)
①利益を独占すること=ロウダン(壟断)
②巧みに言い包めて人を意のままに扱うこと=ロウトウ(籠罩)

 「センテン」は・・出ましぇん。

関連記事












管理者宛の投稿

カテゴリ

漢字検定 (4623)
三国志 (24)
宮崎美子 (4)
ニーチェ (39)
オリンピック (40)
競馬 (86)
不二草紙 (1)
宮崎貴士 (4)
荒川弘 (3)
ボブ・ディラン (54)
カント (1)
ビートたけし (38)
夢野久作 (3)
ドストエフスキイ (7)
菜根譚 (16)
幸田露伴 (1)
函館 (3)
関根勤 (2)
忌野清志郎 (20)
平野啓子 (4)
サウスポー (8)
フニャフニャ (18)
ボクちゃん (29)
中原中也 (1)
ドクターTAN (3)
老化現象 (6)
いじめ (3)
水木しげる (3)
ナマハゲ (2)
吉田拓郎 (46)
トウカイテイオー (9)
未分類 (19)
Qさま (37)
大阪 (2)
橋を架けよう (14)
アイヌ文化 (1)
カ行変格活用 (5)
古今亭志ん生 (11)
ドナルド・キーン (1)
ミイちゃん (172)
屈原 (7)
ジョジョの奇妙な冒険 (15)
アンドレ・ザ・ジャイアント (9)
グリゴリ・ペレリマン (1)
となりまちの小林クン (7)
こころにたまったこと (15)
てつびん物語 (4)
熊谷守一 (5)
浜口京子 (1)
森田美由紀 (6)
島崎藤村 (2)
JAZZ (2)
群書類従 (1)
夏目漱石 (25)
あったらいいな (39)
こんなんほしい (11)
孔子 (1)
Fのコード (15)
地球温暖化 (12)
梅津正樹アナ (1)
千代の富士 (1)
天秤 (4)
ラジオ深夜便 (12)
どーん (48)
シジュウカラ (1)
酒! (34)
荒井萌ちゃん (1)
カミュさま (12)
港の見える丘 (7)
解散! (4)
キックキックトントントン (5)
レフ・トルストイ (1)
ばくばく (46)
スーパー・スター (212)
飛ばし屋 (3)
長かった~ (139)
コージー大内 (1)
ナンシー関 (2)
お散歩 (52)
師走 (9)
しろねこさん、うちのはミイちゃん (13)
こうじんきーかくで~~す(PART1より) (1)
すたこら (31)
ビートルズ (4)
お勉強 (5968)
松山ケンイチ (2)
そーなんだがね (104)
アカショウビン (1)
てんぐのへだま (6)
火急の用件 (91)
だ、だれ? (77)
泉谷しげる (3)
おんのれ~とうとうわしをおこらせやがったなあああ (32)
あ、それそれ、それなんだよ (3)
どおくまん (1)
必ず書ける「必」それはソレハである (1)
さあ、次! (47)
ああ燃えとる燃えとる (17)
吉田類 (12)
かつどん? (11)
カ~ル! (1)
石川ひとみ (3)
村上春樹 (7)
若大将 (6)
アブラカダブラ (1)
だれかが風の中で (1)
大漁 (2)
復興 (11)
ただおまえがいい (5)
江戸っ子 (6)
夕焼けトンボ (12)
ついたよ~ (14)
伊東四朗 (1)
準1級(四字熟語) (4)
円満字二郎 (10)
つづらふじ (46)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR